英訳英語

【英語】「〜以外」は英語でどう表現する?「〜以外」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「〜以外」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「except」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

アメリカの州立大学を卒業したライターりおを呼んです。一緒に「〜以外」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/りお

アメリカの州立大学を卒業し、演劇で様々な英語表現を学んだ。アメリカでは小学生の特別支援の先生も経験し、英語だけでなく、教育上での英会話手話の基礎も経験。

「〜以外」の意味と使い方は?

それでは、「〜以外」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「〜以外」の意味

「〜以外」には、複数意味があるので一つずつ見ていきましょう。

  1. ある範囲の外側。「自分の職務以外のこと」⇔以内。

  2. (他の名詞や動詞に付いて)それを除く他の物事。「関係者以外入室禁止」「食べる以外に楽しみがない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「〜以外」の使い方・例文

意味を見たところで次に「〜以外」の使い方を例文を使って見ていきましょう。意味は二つあるのでそれぞれの例文を二つずつ紹介します。

1. アイドル以外の最新の音楽情報を今度おすすめしてください。

2. 英単語以外に英語サイトの一覧を検索する方法はありますか?

3. このサービスは会員に登録している人以外は利用する事ができません。

4. 漢字テストで80点以上取れた人以外は、合格するまで宿題の他に勉強しなければなりません。

\次のページで「「〜以外」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: