幕末日本史歴史江戸時代

シーボルトに学び蛮社の獄で逃亡した「高野長英」その時代きっての蘭学者を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回は高野長英を取り上げるぞ。シーボルトの弟子の蘭学者で有能だったのに蛮社の獄で罪に問われたんだっけ、どんなことをしたのか詳しく知りたいよな。

その辺のところを蘭学者が大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、蘭学者、蘭方医には興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、高野長英について5分でわかるようにまとめた。

1-1、高野長英は岩手の生まれ

高野長英(たかのちょうえい)は文化元年(1804年)、仙台藩伊達家の一門である水沢留守家の家臣後藤実慶と後妻であった母美也の3男として、水沢(現岩手県奥州市水沢区)で誕生。幼名は悦三郎、実名は譲、そして卿斎、のちに江戸に出てから長英と名乗ったということ。きょうだいは、長兄の勇吉、次兄の湛斎、長英、弟の慶蔵。

1-2、長英の子供時代

長英が9歳のとき、父が亡くなり、22歳の長兄勇吉が後藤家を継いだため、母は長英と慶蔵をつれて実家の高野家にもどり、10歳か14歳の頃、長英は母の兄である伯父の高野玄斎の養子となって玄斎の一人娘の千越(ちお)と婚約。

高野家の養父、祖父は医者であるため、長英はごく自然と蘭方医学に興味を持ったということ。長英の祖父元端は、京都で漢方医学を学び医者となったが、当時は隠居して塾を開いていたということで、伯父で養父の玄斎は、大槻玄澤らと江戸の杉田玄白の塾、天真楼で蘭方医学を学んだ医者。また、前澤茂木家の養子となった長英の叔父の左馬之助も京都の医師吉益周助に学んだ医師だったため、長英は少年時代に祖父の元端、養父の玄斎、また留守家医師の坂野長安から、医師になるべく学問を教授され、とくに祖父元端の影響が特に大きかったといわれ、東山興田の塾では、祖父の代わりに講義をしたという話も。

2-1、長英、江戸へ留学

長英は、文政3年(1820年)17歳のときに、兄の湛斎と従兄弟である遠藤養林が江戸に留学することになり、長英は養父の反対を押し切って兄たちと同行したということで、養父の代理として出席て当選した無尽講の15両を旅費として、無断で旅立ったという話もあるそう。

3人は江戸に到着後、水沢出身で養父玄斎の知人であった日本橋堀留町の薬種問屋神崎屋源造に身を寄せたが、この人は後々も長英の理解者、支援者に。長英と養林は、その後、一関(現在の岩手県一関市)出身の医者で大槻玄澤の弟子であった戸田建策に寄宿し、門人同様の扱いを受けたが、腰掛けのつもりでいたために怒りを買い、神崎屋に寄宿して杉田塾に通うことに。

その後は吉田長叔の蘭馨堂の門人となり、蘭学を学び、後に長叔から一字をもらって高野長英と改名。この吉田長叔の蘭馨堂で、長英は本格的に蘭学、蘭方医学を勉強することになり、薬の材料の薬草、辰砂(水銀と硫黄の化合物)などの鉱物研究や、本格的なオランダ語の文法の勉強も開始。日光、筑波山へ採薬旅行、オランダ語の翻訳辞典の購入などで、養父に送金を依頼したため裕福でない養父が長英の勉学を支えたそう。文政5年(1822年)、江戸に一緒に留学した兄の湛斎が病気で倒れたため、長英は兄の看病のかたわら診療を続けていたが、翌年兄が亡くなったため、長英は蘭馨堂を辞して町医者を開業。その後、火事で家が焼けるなどの災難もあり、吉田長叔が亡くなったため、長英は吉田塾を支えることに。

2-2、長英、長崎へ行きシーボルトに弟子入り

シーボルト 川原慶賀筆.jpg
川原慶賀 – 近世の肖像画(Japanese Portraits of the Early Modern Period) 佐賀県立美術館 1991年, パブリック・ドメイン, リンクによる

文政6年(1823年)、ドイツの医学者フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトがオランダ商館の医師として長崎に到着、オランダ商館などが鳴り物入りで宣伝し、蘭学者に西洋医学を教えることも許されたため、全国に噂が広まって教えを乞うために長崎に留学するものが殺到したということ。

長英もそのひとりだったが、長英は長崎に知人もなく留学費用のあてがなかったため、吉田塾の先輩駒留正見に相談したところ長崎留学を進められて、留学費用を養家から長崎留学の後の帰郷を約束して借金するなどして長崎へ。
長英は鳴滝塾に入塾してシーボルトの内弟子となり、蘭方医学を学ぶかたわらにシーボルトの日本研究を助ける助手としても活躍して塾頭に。現在も残るシーボルト文書の中の弟子たちが提出したオランダ語の論文42点のうち、高野長英の論文は11点もあり、「活花の技法について」、「日本婦人の礼儀および婦人の化粧ならびに結婚風習について」、「小野蘭山『飲膳摘要』(日本人の食べ物の百科全集)」、「日本に於ける茶樹の栽培と茶の製法」、「日本古代史断片」、「都における寺と神社の記述」、「琉球に関する記述(新井白石『南島志』抄訳)などなど、日本の歴史、地理、風俗、産業についてのシーボルトの日本研究のための基礎資料であったということ。シーボルトは、弟子たちに卒業論文として課題をあたえてドクトルの称号を与えたが、長英は「鯨魚及び捕鯨に就きて」の論文でドクトルが授与されたそう。

この長崎留学時代、長英のオランダ語力と医学の知識は飛躍的に伸びたということ。長英の養父はこの長崎留学中に亡くなったが、長英は理由をつけて帰郷もしなかったそう。また、シーボルト事件が勃発したときの長英は、たまたま旅に出ていて難を逃れた説、危険を感じてさっさと脱出して助かった説があるが、処罰を免れて肥後に逃れたということ。その後の長英は、道中診察をして旅費を稼ぎながら旅をして天保元年(1830年)5月23日、京都に到着。長英はまた養父が亡くなって3年経ち、当主不在の高野家から帰国を促す手紙を受け取ったが、岩手に帰る気持ちは毛頭なかったらしく帰郷を拒絶し絶縁。

\次のページで「2-3、長英、江戸へ戻り町医者に」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: