奈良時代日本史歴史

簡単に一目で分かる「荘園」!誕生から崩壊までを元塾講師がわかりやすく解説

荘園誕生のきっかけは墾田永年私財法

645年の大化の改新以降、日本は公地公民制を採用します。要するに「土地も人民も天皇のもの」という考えですが、土地が所有できないことは人々の労働意欲をかき消してしまい、その影響で朝廷も充分な年貢の取り立てができなくなりました。

そこで朝廷は743年に墾田永年私財法を制定、これが荘園誕生のきっかけとなる制度になります。墾田永年私財法によって自分で開墾した土地を所有できるようになり、つまり農民は土地の所有が認められるようになったのです。さて、ここで優遇されていたのが貴族や寺社でした。

貴族や寺社は農民に比べて多くの土地を開墾できるよう優遇されていて、そのため開墾さえ行えば膨大な広さの土地を手に入れられるのです。そこで貴族や寺社は農民を使って土地を開墾、こうしてできた貴族や寺社の土地が荘園と呼ばれるようになりました。

戦国時代到来による荘園制の崩壊

荘園を管理する国司はやがて権限が高まり、私腹を肥やすため荘園に対して重税を要求します。最も、国司は貴族に任命されて就く役職ですから貴族には逆らえず、そのため有力な貴族は国司の要求する税も難なく回避していました。しかし、そうはいかないのが一般の農民でした。

そこで農民は貴族や寺社に荘園を寄進して、名義変更まで行います。要するに貴族や寺社による名義貸しを使った脱税、この仕組みで成り立った荘園は寄進地系荘園と呼ばれるようになりました。さて、このように荘園制が成立していたのは、それは貴族や寺社が荘園を管理していたためでしょう。

ですから、戦国時代が到来すると荘園制は崩壊の道を辿っていき、武士の横領や農民の自立によって荘園制が成り立たなくなっていきました。その過程では、これまで荘園で収入を確保していた多くの貴族が没落したようです。そして、荘園制に完全な終止符が打たれたのが豊臣秀吉による太閤検地でした。

年代ごとの荘園の仕組みを覚えよう!

荘園を覚えるポイントは、時代の流れと共に変化する荘園の仕組みを理解することです。例えば、少々複雑なのが寄進地系荘園ですが、これは900年代以降に登場した荘園の仕組みになります。

「どのような仕組みの荘園があるのか」を覚えるのは大切ですが、ただ「それがいつの時代なのか」を覚えておかなければ知識にはなりません。ですから荘園の場合、年代を覚えることが一つのキーになるでしょう。

1 2 3 4
Share: