奈良時代日本史歴史

簡単に一目で分かる「荘園」!誕生から崩壊までを元塾講師がわかりやすく解説

荘園に課せられる税から逃れる方法

初期荘園は私有地となりましたが、それが田として使われる以上は租税が課せられます。さて、土地を所有できるようになった人々は、今度はその土地に課せられる税から逃れる方法を考えるようになりました。要するに脱税ですが、有力な貴族の場合はそれも容易だったようですね。

例えば、荘園を農地ではなく庭園を言い張る貴族もいたそうで、どう考えてもそれは苦しい言い訳ですが、有力な貴族という肩書きによって国司も取り締まることができませんでした。これは、そもそも役人の任命権は有力な貴族が持っていたからで、役人である国司は有力な貴族に頭が上がらなかったのです。

しかし、一般の農民ではそうはいきません。有力な貴族と同じ言い訳をしたところで国司には通用せず、そこで誕生したのが寄進地系荘園でした。農民は自分の荘園を有力な貴族や寺院に寄進、そして荘園の名義も貴族や寺院の名前に変更することで税の徴収を免れていたのです。

貴族や寺院の名義貸し

要するに貴族や寺社の名義貸し、農民は名義貸し料を納める必要がありましたが、その費用は税に比べれば安いもの。一方の貴族や寺社も、名義を貸すだけで自分の元にお金が手に入り、貸す側も借りる側もメリットがあることで、寄進地系荘園は各地で相次ぎました。

やがて、寄進した荘園には特別な権利がもたらされるようになります。寄進した荘園というだけで租税の支払いが免除される不輸の権、そこに国司が立ち入ることすら禁止された不入の権。そして、国司から不輸を許可された荘園を国免荘、朝廷から不輸を許可された荘園を官省符荘と呼びました。

最も、寄進地系荘園が誕生したそもそもの原因は国司自身にあり、班田収授法の崩壊によって権限が強化された国司が荘園に対して高額な税を要求するようになったことが挙げられます。なぜなら、そんな国司の理不尽な重税から逃れるために農民がとった手段というのが寄進地系荘園だからです。

武士の誕生

image by PIXTA / 1158463

平安時代の末期になると、治安の悪化から荘園を守るために武装する者が現れるようになります。これが武士の始まりです。

荘園を守るための武装

武士は地方の豪族や有力な農民が武装した姿ですから、彼らはその地位と武力を使って土地の開発と荘園の寄進を進めていきました。

要するに武士は当初荘園の番人を務めていたのですが、やがて荘園に館を築くなど、その地位は次第に高まっていきます。そして訪れた武士の時代、平清盛が初めての武家政権を築くとその次に時代の主役となったのは源頼朝。源頼朝は各国ごとに守護、各荘園ごとに地頭を設置しました。

最も、守護設置の目的は当時対立していた弟・源義経の捜索でしたが、あくまでそれは口実で、真の目的は鎌倉幕府の全国支配の基盤作りだとされていますね。さて、こうなると問題となってしまうのは幕府の地頭と朝廷の国司による荘園の二重支配でしょう。

地頭と国司の二重支配問題

荘園に設置された地頭は荘園を管理しており、一方で国司は徴税のために荘園を管理、どちらも荘園を管理することからその荘園は地頭と国司の管理に置かれた状態になります。いわゆる二重支配の構造、これが原因となって争いが起こることも稀ではありませんでした。

幕府側の地頭、これに対して朝廷側の荘園領主や国司との間で起こる争い、実際に争いが起こった際には幕府が裁いていましたが、そのための策も設けられています。例えば、地頭が一定の額の年貢を請け負って領主に納める地頭請など、こうした策によって地頭は領主に匹敵する権利を手にしました。

言い換えるならそれは国司の力が弱まったことを意味しており、室町時代になった頃にはもはや国司とは名ばかりの役職。実際には江戸時代まで続いていった国司の役職ですが、武家政権の到来と同時に徐々に権威を失っていき、明治時代になるととうとう国司の役職そのものが廃止されました。

\次のページで「荘園の終わり」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: