理科生物生物の分類・進化

【生物】「胞子植物」ってなんだ?現役講師がさくっとわかりやすく解説!

今回は胞子植物について学ぶことにしよう。

植物には数多くの種類や分類方法があり、一斉に覚えようとすると混乱しがちですね。胞子植物というグループにどんな植物が含まれているのか、今一度しっかりと確認しておこうじゃないか。

今回も、大学で分類学を中心に勉強していた現役講師のオノヅカユウを招いたぞ。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

胞子植物とは?

胞子植物とは、名前のとおり胞子によって子孫を増やす植物のことを指します。この胞子植物と異なり、種子によって数を増やす植物は種子植物です。私たちの身近にある野菜や花は、ほとんどが種子植物でしょう。

さて、胞子で子孫を増やす生き物には以下のようなものがあげられます。

・シダ植物

・コケ植物

・藻類

・菌類

このうち、キノコやカビの属する菌類は植物の仲間とはみなされません。また、ワカメやコンブなどの藻類も胞子を使って繁殖しますが、こちらも厳密な意味では植物にふくめることができない生物のグループです。

したがって、胞子植物=「シダ植物とコケ植物」のことを指した言葉ということができます。

胞子とは?

ここで、胞子というものについて確認しておきましょう。胞子とは、生物が無性生殖をする際に散布する細胞のことです。

私たち人間をはじめとする哺乳類は、雌のもつ卵に雄のもつ精子が受精し、受精卵となることで新たな個体が生じます。これは異なる性の生殖細胞が必要となる有性生殖です。植物の場合でも有性生殖の仕組みは似たようなもので、めしべにおしべから放たれた花粉がつき、卵細胞と花粉から放出された精細胞がであうことで種ができます。

一方、異なる性別の生殖細胞を必要としない生殖は無性生殖です。胞子はそれ単体で発芽するため、無性生殖の手段の一つということができますね。

\次のページで「シダ植物」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: