英訳英語

【英語】「また」は英語でどう表現する?「また」の英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木とわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「また」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「also」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC855点で、元学習塾英語講師であるライターYuを呼んだ。一緒に「また」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/yu

元英語学習塾講師。外国語大学英米語学部卒業。1年間の交換留学、東南アジアバックパッカーの経験を活かし様々な視点から英語学習におけるコツを伝える。

「また」の意味と使い方は?

それでは、「また」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「また」の意味

またには、多くの意味があり、それぞれに異なった英語表現があります。

[副]

1 前にあったことがもう一度繰り返されるさま。ふたたび。

2 ほかのものと同じ状態にあるさま。ひとしく。同じく。

3 そのものと別であるさま。

4 さらに別の事柄がつけ加わるさま。その上に。

5 驚きや疑問の気持ちを表す。まったく。それにしても。

[接]

1 事柄を並列・列挙するときに用いる。ならびに。

2 さらに別の事柄をつけ加えるときに用いる。その上。

3 並列・列挙した事柄のうち、どれを選択してもいいときに用いる。あるいは。または。

[接頭]名詞に付いて、間接である意を表す。

 

出典:goo国語辞書

「また」の使い方・例文

次に「また」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. また会いましょう
2. ひまわりもまた綺麗ですね。 
3. 太郎のように彼もまた頭がいい。

\次のページで「「また」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: