化学

化合物内における元素の質量組成「定比例の法則」を元塾講師がわかりやすく解説

今回は「定比例の法則」について詳しく勉強していこう。

化学ではたくさんの法則が出てくるし、名前も覚えにくいものが多い。「定比例の法則」と「倍数比例の法則」の違いに悩むやつも多いでしょう。

そこで今回から2回に分けてその違いを学んでみよう。化学に詳しいライターAyumiと一緒に解説していきます。

ライター/Ayumi

理系出身の元塾講師。わかるから面白い、面白いからもっと知りたくなるのが化学!まずは身近な例を使って楽しみながら考えさせることで、多くの生徒を志望校合格に導いた。

1.昔と今の認識の違い

まずは法則について知る前に、これらの法則が生まれた当時の状況について知っていきましょう。テストで出る内容ではありませんが、時代や歴史背景を知っておくことは決して損になりませんよ。

定比例の法則はジョゼフ・ルイ・ブルーストによって1799年に発見されました。これくらいは暗記しておくと点につながるかもしれませんね。

1-1.化学の基礎知識

image by iStockphoto

昔は今よりもずっと化学の知識が一般的ではない時代がありました。地球は四角く、海をずっと進んでいくと崖のようになっていて、違う世界に落ちてしまう。地球を中心に太陽や星が回っている。病気は呪いのせい。今となっては誰しもが間違いだと知っていることも、何百年も前は誰もが心から信じていたのです。

今回解説する法則は、ある程度化学を勉強していれば当たり前に感じてしまう内容かもしれません。しかしその当時は大きな発見であったに違いないでしょう。昔の偉人たちに感謝しろとまでは言いませんが、当たり前だと思える知識があるのであれば、テストのために自分なりにわかりやすく解釈して覚えることもできるはずですよね?

1-2.正確な実験の難しさ

image by iStockphoto

そもそも昔は今より技術的な部分で劣っていたのは確かです。立派な実験装置や試薬など、技術発展は現在でも大きく進化し続けています。純粋な単体・化合物そのものの入手は容易ではなく、精度を必要とする研究は困難であったに違いありません。

まだ原子や分子といった概念が確立していなかった当時、化学の発展に大きく貢献することになりました。

2.「定比例の法則」とは

image by iStockphoto

それでは実際にどのような法則かを見ていきましょう。

\次のページで「2-1.どこで採っても水は水」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: