英語の勉強法

【英語】「品詞」の見分け方を現役塾講師がわかりやすく解説!紛らわしいケースをチェックしよう

よぉ、桜木建二だ。今回は品詞の見分け方について見ていく。品詞の判別が得意という人はあまりいないかもしれないが、品詞を正確に判別できると正確な意味をつかむことができ、文法問題に限らず長文読解でも役に立つぞ。英語力をレベルアップさせるには、品詞判別は大切なものだ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

品詞とは

image by iStockphoto

品詞の見分け方の前に、品詞にはどのようなものがあるか、品詞の判別に役立つ文型の基本を見ていきましょう。それぞれの特徴をつかんでおくと、判別に役に立ちます。

#1 品詞にはどのようなものがあるか

まずは、品詞には何があるかを見ていきます。分類の仕方はさまざまありますが、主なものを役割と一緒にチェックしてみましょう。とくに、形容詞と副詞は混同しやすいので、役割をはっきりと知っておくといいですね。

名 詞 … 物や人の名前。主語や補語、目的語になれる。

冠 詞 … 名詞の前におき、名詞を特定のものか不特定のものかを表す。

形容詞 … 人や物など名詞の性質や状態などを表す。文の補語になれる。

副 詞 … 動作や状態のようすや程度を表す。名詞以外を修飾する。

代名詞 … 名詞の代わりをする。

動 詞 … 主語の動作を表す。過去を表すことができる。

助動詞 … 動詞に気持ちを付け加える。

接続詞 … 語や文をつなぎ、うしろに主語、動詞をおく。

前置詞 … 名詞や動名詞の前において修飾する。

品詞と文型

次は、品詞と文型の関係について見ていきます。文型を理解することで品詞が判別できることもあるので、重要なポイントです。

以下、主語 = S, 動詞 = V, 補語 = C, 目的語 = O として表しています。

第1文型:S名詞 V動詞 

第2文型:S名詞 V動詞 C名詞or形容詞

第3文型:S名詞 V動詞 O名詞

第4文型:S名詞 V動詞 O名詞 O名詞

第5文型:S名詞 V動詞 O名詞 C名詞or形容詞

\次のページで「間違いやすい品詞判別」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: