この記事では英語の熟語「make (both) ends meet」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「家計の帳尻を合わせる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んです。一緒に「make (both) ends meet」の意味や例文を見ていきます。

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「make (both) ends meet」の意味は?

image by iStockphoto

「make (both) ends meet」は「家計の帳尻を合わせる」という意味です。ネイティブの方がよくこの熟語を使い、自分の財務状況を表します。ネイティブのように幅広い表現力を身につけたい方は、是非この機会に「make (both) ends meet」を覚えておきましょう。

意味「家計の帳尻を合わせる」

「make (both) ends meet」は日本語で「家計の帳尻を合わせる」、「収支を合わせる」、「収入の範囲でやっていく」という訳になります。

最初の表現は「We can't make both ends meat」でした。不況期、人々がソーセージを作る時、十分な肉がなくて、他の混ぜ物をソーセージの両端に詰めていたようです。いつの間にか、「meat」が「meet」となり、「make (both) ends meet」という熟語になりました。現在ネイティブの方はこの表現を使い、過不足のない財産で日用必需品を購入して生活することを表すのです。

では、例文を見てみましょう。

I am struggling to meet ends meet.
収支を合わせるのに苦労しています。

It is difficult for a low-income family to meet both ends meet.
低収入家庭にとって、家計の帳尻を合わせるのが難しいです。

Can you make both ends meet?
生計が立ちますか?

熟語「make (both) ends meet」の言い換えや、似た表現は?

「make (both) ends meet」の言い換えとして、「acquire a livelihood」と「meet/ clear the expenses」があります。では、それぞれの使い方と例文を一緒に確認しましょう。

\次のページで「言い換え例:「acquire a livelihood 」を使った言い換え」を解説!/

言い換え例:「acquire a livelihood 」を使った言い換え

「acquire」は「入手する」、「獲得する」という意味で、「livelihood」は「生計」という意味です。それらが合併すると、「生計を立てる」という意味になります。

では、例文を見てみましょう。

I am struggling to acquire a livelihood.
生計を立てるのに苦労しています。

It is difficult for a low-income family to acquire a livelihood.
低収入家庭にとって、生計を立てるのが難しいです。

Can you acquire a livelihood?
生計が立ちますか?

言い換え例:「meet/ clear the expenses」を使った言い換え

「expense」は「支出」という意味です。「meet the expense」は収入が支出に合うということで、いわゆる「収支を償わせる」という意味になります。

「clear」は日本語の「クリア」と同じで、「取り除く」という意味です。「clear the expense」は「支出を取り除く」、すなわち「収支を合わせる」という意味になります。

I am struggling to clear my expense.
家計の帳尻を合わせるのに苦労しています。

It is difficult for a low-income family to meet the expense.
低収入家庭にとって、収支を合わせるのが難しいです。

I managed to clear the expense.
収支を合わせることができました。

熟語「make (both) ends meet」を使いこなそう

この記事では熟語「make (both) ends meet」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。ネイティブの方は、よくこの熟語と言い換えの表現を使い、自分の生計の状況を説明しますよ。ネイティブのように幅広い表現力を使いたいなら、是非この機会に「make (both) ends meet」、「acquire a livelihood」と「meet/ clear the expense」の意味と使い方を頭に入れておいてください。そして、今度外国人と英会話をする時、是非それらを使ってみてください。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「make (both) ends meet」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – ページ 2 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「make (both) ends meet」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「acquire a livelihood 」を使った言い換え

「acquire」は「入手する」、「獲得する」という意味で、「livelihood」は「生計」という意味です。それらが合併すると、「生計を立てる」という意味になります。

では、例文を見てみましょう。

I am struggling to acquire a livelihood.
生計を立てるのに苦労しています。

It is difficult for a low-income family to acquire a livelihood.
低収入家庭にとって、生計を立てるのが難しいです。

Can you acquire a livelihood?
生計が立ちますか?

言い換え例:「meet/ clear the expenses」を使った言い換え

「expense」は「支出」という意味です。「meet the expense」は収入が支出に合うということで、いわゆる「収支を償わせる」という意味になります。

「clear」は日本語の「クリア」と同じで、「取り除く」という意味です。「clear the expense」は「支出を取り除く」、すなわち「収支を合わせる」という意味になります。

I am struggling to clear my expense.
家計の帳尻を合わせるのに苦労しています。

It is difficult for a low-income family to meet the expense.
低収入家庭にとって、収支を合わせるのが難しいです。

I managed to clear the expense.
収支を合わせることができました。

熟語「make (both) ends meet」を使いこなそう

この記事では熟語「make (both) ends meet」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。ネイティブの方は、よくこの熟語と言い換えの表現を使い、自分の生計の状況を説明しますよ。ネイティブのように幅広い表現力を使いたいなら、是非この機会に「make (both) ends meet」、「acquire a livelihood」と「meet/ clear the expense」の意味と使い方を頭に入れておいてください。そして、今度外国人と英会話をする時、是非それらを使ってみてください。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share: