理科生物生物の分類・進化

コケ植物にはどんな特徴がある?現役講師がさくっとわかりやすく解説!

今回はコケ植物についてみていこう。

コケ植物やシダ植物といった分類は、中学理科で学習する項目ですが、高校生や社会人では忘れてしまっているやつも多いでしょう。身近な植物であるコケの仲間について、改めて学んでみないか?

今回も、大学で分類学を中心に勉強していた現役講師のオノヅカユウを招いたぞ。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

コケ植物とは?

道路の端っこや日陰、しめったところなどでよく見られるコケの仲間をまとめてコケ植物、もしくは蘚苔類(せんたいるい)といいます。英語ではbryophytes。もっと簡単にmossということもありますね。世界に8000種ほどが知られています。

コケ植物の生息地は、基本的には陸上です。乾燥した場所よりも湿った場所を好む性質があります。水辺が近かったり、日影が多く湿度が保たれやすい森林の中などではたくさんの種類が観察できるでしょう。一部の種には水中に生息するものがいますが、その数は多くありません。

コケ植物と種子植物の違い

この「コケ植物」は、一般的に花を咲かせたり樹木に成長したりする「種子植物」と大きく異なる生き物です。今回は、コケ植物と種子植物の間にある大きな違いを3つご紹介したいと思います。

#1 体の構造

皆さんご存知の通り、一般的な植物は根・茎・葉をそなえ、根から栄養や水を吸収すると同時に光合成をして生きています。地面から吸収した水を上部の葉まで届けるため、維管束という管が発達し、根から体の隅々まで水を届けられるようになっているのです。

一方、コケ植物は維管束が発達していません。そのせいもあってか、体は小型のものが多くなっています。体を固定している「根」のような部分は、種子植物同様水分などを吸収することはできますが、やはり維管束がはっきりしません。種子植物の根と似てはいますが、構造が異なるため、コケ植物の場合には「仮根(かこん)」という名前が与えられています。

image by iStockphoto

さらに、種子植物のように明確な茎や葉の区別ができない体をもつものも少なくありません。茎や葉のような構造をもつものでも、やはり種子植物の茎や葉とは異なる構造であるため注意が必要になります。

#2 繁殖方法

種子植物は名前の通り種を散布することで繁殖するのが基本ですが、コケ植物は胞子をとばして繁殖します。胞子は蒴(さく)とよばれる部分でつくられ、散布されるのです。

\次のページで「生活環」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: