アメリカの歴史世界史歴史独立後

金融市場を混乱させた「サブプライムローン」を元銀行員が解説

よぉ、桜木建二だ。前に「リーマンショック」について解説したのは覚えているか?そのときに出てきた「サブプライムローン」というのが実はとても重要なワードなんだ。リーマンショック前後の金融問題を理解するうえで、避けては通れない。今回は、サブプライムローンについて詳しく見ていこう。

世界史に詳しいライター万嶋せらと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

amala18

ライター/万嶋せら

会社員を経て、イギリスに渡り大学院の修士号を取得したライター。歴史が好きで関連書籍をよく読み、中でも近代以降の歴史と古典文学系が得意。実は元銀行員という経歴を活かして、今回は「サブプライムローン」について解説する。

サブプライムローンとは何か

image by PIXTA / 575799

プライムローンについて

サブプライムローンがどういったものかを把握するためには、まず「プライムローン」について知っておきましょう。

プライムローンというのは、アメリカで優良顧客を対象に取り扱われている住宅などのローンのことです。「プライム(prime)」という英単語には「優良の、主要な」といった意味があり、そこに「貸付」を表す「ローン(loan)」という単語がついていることからも、なんとなくその意味を想像できるのではないでしょうか。

プライムローンはクレジット・ヒストリー(今までのクレジットカードの利用歴)に大きな問題がなく、定職についているなどで収入の安定しているが、住宅などを購入するときに利用するのです。貸付には審査がありますが、審査に通った人であれば通常の条件でローンを組むことができ、金利なども一般的な水準となっています。

サブプライムローンとは

では、「サブプライムローン」とはどういったものなのでしょうか。

「サブ(sub)」という英単語には「下位の、下層の」といった意味があります。つまり、サブプライムというのは優良顧客ではない人々の層と言えますね。サブプライムローンとは、プライムローンの審査に通らない人たちでも住宅ローンなどを組むことができるようにした金融商品なのです。

サブプライムローンの対象になるのは収入が少なく不安定な人や社会的信用の低い人などで、プライムローンよりも幅広い層の人々が利用できます。審査があまり厳しくない代わりに、金利が高めの水準となっているのが特徴です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

サブプライムローンは、通常のプライムローンでは住宅の購入資金を借りられない人でも利用できるんだな。要するに、サブプライムローンのおかげでたくさんの人がマイホームを購入できるようになったということだ。だけど、どうして収入の不安定な人でもローンを組むことができるんだ?何か裏がありそうな気がするぞ。

サブプライムローンの仕組み

image by PIXTA / 24953539

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
amala18