理科生物生物の分類・進化

真菌・細菌・ウイルスの違いは?現役講師がさくっと解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は、真菌と細菌、そしてウイルスの違いを紹介しよう。

風邪などの感染症や、病気の原因となる可能性もある真菌、細菌、ウイルスだが、同じようなものとしてとらえている人が多いのではないだろうか?それぞれがどんな生物なのか学び、違いを説明できるようになろう。

生物学が専門の現役現役講師であるオノヅカユウを招いたぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

ID: ↑パーツ内本文:68文字

真菌・細菌・ウイルスはどれくらい“違う”のか?

日本では昔から「目に見えないレベルの大きさで、人間の生活に影響(主に悪い影響)を与える微生物」をまとめてばい菌とか雑菌などとよび、ひとくくりにしてきました。幼いころに「ばい菌がつかないように」とか「雑菌が入る」などのように注意されたものの、具体的にはどんな生物であるのかまではわからずじまい、という方も多いと思います。

“菌”という言葉のつく真菌と細菌、そして細菌と混同されがちのウイルスという生き物は、まるで異なる生き物です。どれくらい異なるのかといえば、「ドメインレベルで異なります」と答えることができます。

ID: ↑パーツ内本文:269文字

ドメインとは?

生物の分類方法について、少しだけご紹介しましょう。

この地球上で見つかったあらゆる生物は、研究者によって名前が付けられ、他の生物との類縁関係に基づいて分類されています。例えば、ネコ(イエネコ)は近縁なリビアヤマネコやスナネコとともにネコ属というグループをつくり、ネコ属は近縁な属とともにネコ科というグループをつくり…というふうに。“属”、“科”といったまとまりは分類階級とよばれ、近いもの同士をまとめてより大きな分類階級をつくっていきます。

ID: ↑パーツ内本文:252文字

種 < 属 < 科 < 目 < 綱 < 門 < 界 < ドメイン

ID: ↑パーツ内本文:32文字

ドメインとは、現在提唱されている分類階級ではもっとも大きなものです。生物全体は3つのドメインに分類できると考えられており、これは『3ドメイン説』などともよばれます。

ドメインの1つ下の“界”には、動物界や植物界などの分類群がありますが、異なるドメインに属するということは、「動物界と植物界の間よりも大きな違いをもつ」ととらえられますよね。とにかく、ものすごく違う、というイメージをもってほしいのです。

ID: ↑パーツ内本文:213文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

昔に生物の分類を学習した人にとっては、ドメインという言葉は初耳かもしれない。ドメインという概念は1990年代になってから広まったものだ。

ID: ↑パーツ内本文:68文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka