奈良時代の終わりごろ、平城京の仏教宗派は朝廷の政治にクチバシを入れるようになっていた。それで桓武天皇は平安京へ遷都したんですが、仏教はすでに日本にとってなくてはならないものになっていたんです。しかし、奈良の仏教に頼ったら元の木阿弥です。どうせならその辺に対抗できるような新しい宗派がほしい。そうして桓武天皇が目を付けたのが、比叡山で修行していた「最澄」という僧侶だったというわけです。

今回はその「最澄」について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。平安時代は得意分野。

1.「最澄」と新しい都と仏教界

最澄像 一乗寺蔵 平安時代.jpg
不明 - 藝術新潮1974年 10号 増大特集日本の肖像画, パブリック・ドメイン, リンクによる

京都にお寺はふたつしかなかった

奈良時代の終わりには「宇佐八幡宮信託事件(道鏡事件)」や「藤原種継暗殺事件」、さらに「早良親王の祟り」と大事件と災害が立て続けに起こり、それらから逃れるために桓武天皇は新たに平安京へと遷都します。
今でこそ京都には多くのお寺があり、観光にも開かれていますね。しかし、遷都した当時は都の入口羅生門の近く、都を左京と右京に分断する朱雀大路を挟んだところに「東寺」と「西寺」のふたつしかありませんでした。奈良の平城京には「南都六宗」と言われる六つの仏教の宗派がありましたが、新しい平安京へは移転させなかったのです。

出家!いざ比叡山へ

767年、最澄は奈良時代の末期に比叡山のふもと(滋賀県大津市)に生まれます。12歳で近江の国分寺(国営の寺院)に入り、14歳で最初の「授戒」を受けて見習い僧侶となりました。

「授戒」というのは、僧侶になるための儀式のことを指します。この当時は最初に「菩薩戒(大乗戒)」、次に「具足戒」を受け、ふたつをクリアして初めて国家の認める正式な僧侶(官僧)になれました。ひとつめの「菩薩戒」を受けた段階だと見習い僧侶や、在家の仏教徒という扱いで、本当の僧侶ではないのです。

最澄が奈良の東大寺で「具足戒」を受けたのは19歳のときでした。普通、正式な僧侶として認められると、国分寺の僧になります。ところが、彼はそうはならずに比叡山に登り、そこに「一乗止観院」という草庵を建てて薬師如来を祀ったのです。この「一乗止観院」は、のちの「比叡山延暦寺」のもととなった仏堂でした。

思いを込めた「一乗止観院」

image by PIXTA / 32000721

最澄が名付けた「一乗止観院」という名前には、彼がよりどころとした「法華経」の性格がよくあらわれています。

頭の「一乗」は「法華一乗」の「一乗」です。インドの大乗仏教では、悟りを開くための三種類の教えと実践方法をそれぞれ「声聞」「縁覚」「菩薩」といい、乗物に例えて「三乗」といいました。この三つを最終的に包括したものが「法華経」だ、という思想が「法華一乗」であり、最澄が開く「天台宗」の中心となる思想です。もう少し簡単な言い方をすると「どんな教えも最終的には「法華経」につながっている」ということですね。

そして「止観」は静かに自分の心を見つめる瞑想法のことで、天台宗の中心的な修行方法となります。

\次のページで「「内供奉十禅師」に任命される」を解説!/

「内供奉十禅師」に任命される

都が平城京から平安京へと変わった三年後、最澄31歳のこと。一乗止観院で修行していた最澄は桓武天皇に呼び出されて平安京を訪れます。そうして、「内供奉十禅師」のひとりに任命されたのでした。

この「内供奉十禅師」は、平たく言うと、宮中の仏事を行う十人の僧侶のことです。宮中で天皇の安穏を祈り、天皇に病があれば看病をし、正月に国家の安泰と五穀豊穣を祈願する御斎会の読経をします。

宮中の大事な仏事や天皇の看病ですから、その辺の僧侶を適当に任命するわけにはいきませんよね。なので、由緒のある南都六宗の僧侶たちが主だったメンバーでした。

聖徳太子の時代から重視された「法華経」

日本に「法華経」が伝来したのは飛鳥時代、聖徳太子が生きていたころです。そのころから「鎮護国家」といって、「仏教が国家を守護して安定させる力がある」という思想が信じられていました。「法華経」は「鎮護国家」の経典として重要視され、諸国の寺院で長い間読経されていたのです。

しかし、南都六宗の「三論宗」「成実宗」「法相宗」「倶舎宗」「華厳宗」「律宗」には「法華経」を中心とする宗派はありませんでした。

ところで、最澄は自分の草庵に「一乗止観院」と名付けるほど「法華経」をよりどころとしていましたね。「内供奉十禅師」任命後には、南都六宗の学僧たちに対して「法華経」の解説を行うほどです。

最澄を大抜擢した桓武天皇は、そういう宗旨違いなところも含めて、最澄を南都六宗に対抗する勢力にできると考えたのでしょうね。

2.日本で「天台宗」の開宗

image by PIXTA / 31065379

智顗の開いた「天台宗」

「天台宗」は、「隋(中国)」の智顗(ちぎ)という僧侶が天台山に国清寺を建立して確立されました。「諸経の王」とされる「法華経」をよりどころとし、止観(瞑想)によって悟りを開くとされています。時代は流れ、国が「隋」から「唐」へ変わっても、天台宗は大きな宗派であり続けました。

最澄が本場で天台宗を学びたいと遣唐使の船に加わったのが804年のこと。たった一年だけの短期留学で、通訳に弟子の義真を連れての渡海でした。この留学の間に最澄は法華経を中心とした天台教学、戒律、密教、禅の四つの思想を学んだのです。

また、当時の航海術は未熟で羅針盤(方位磁石)もなく、天気予報もできません。無事にたどり着けるかもわからず、現地で客死する遣唐使も後を絶えませんでした。そんな状況でも「唐」に行けば最先端の文化や技術を持ち帰ることができるのですから、遣唐使は死ぬ覚悟をしてでも価値のある旅だったのです。

帰国後、「天台宗」を開く

短い留学を終えてなんとか無事に日本に帰り着いた最澄は、天台宗から「年分度者」を割り当てるように朝廷に要求します。

毎年出家する僧尼の定員は律令(法律。この場合は僧尼令)で決まっていて、この定員に収まったものを「年分度者」といいます。

ただし、最澄が指した「年分度者」は、宮中で行われる新年の法会にあたる新しい僧侶を年末に出家させることでした。新年の法会にあたる僧侶は、これまですべて南都六宗の僧に割り当てられてきた重要な役目です。

つまり、最澄の要求は、国家の一大プロジェクトに天台宗も関わらせてほしい、ということなんですね。これが叶うと、最澄の一派は南都六宗と並ぶ宗派だと国家に認められることになります。

そうして、「年分度者」の中に天台宗からふたりを加えることになり、最澄は日本に天台宗を開いたのでした。

最澄、40歳の冬のことです。

\次のページで「天台宗総本山「比叡山延暦寺」」を解説!/

天台宗総本山「比叡山延暦寺」

image by PIXTA / 7863921

先述した通り、最澄はもともと自分でつくった比叡山の「一乗止観院」を拠点としました。実は「延暦寺」と名前がつくのは最澄の没後なんですよ。

比叡山は天皇のいる平安京から見て北東に位置します。俗にいう「鬼門」ですね。鬼門は古来から鬼が出入りする方角とされてきましたから、比叡山は都の鬼門を守る役割も合わせてもつことになりました。

また、「法華一乗」は「どんな教えも最終的には「法華経」につながっている」という考えですから、もちろん、他の経典だってすべて「法華経」につながるということです。そういう思想から、延暦寺はいろいろな経典を学んで修行する道場になりました。

これがもとで、後年になると延暦寺で学問するうちに違った思想を考え、新たな宗派を立ち上げるものが現れます。それがのちに「鎌倉新仏教」の祖となる法然や日蓮たちでした。

3.南都六宗との対立

image by PIXTA / 50666868

真言宗の祖「空海」との交流

現在の天台宗は「台密」とも呼ばれ、「密教」を内包した宗派となっていますよね。「密教」とは「秘密教」の略で、修行者に段階を経て少しずつ深遠な教えを公開していくというものです。

反対に、南都六宗は「顕教」と呼ばれ、これは経典を読めばみんな悟りの方法がわかるとした、誰にでも情報公開を行うというスタイルでした。

この当時、唐における密教は青龍寺の恵果(えか)という僧侶がいわゆる本家本元でした。そして、恵果の弟子となっていたのが「空海」だったのです。

一方、最澄が唐で密教を教わったのは順暁(じゅんぎょう)という密教僧でした。最澄は教えてもらった密教が主系ではなく傍系だったことを知ると、帰国して「真言宗」を開いた空海に礼を尽くして灌頂を受けます。密教でいう「灌頂」とは、師匠が入門者の頭に水を注ぎ、正式な弟子や後継者とするための儀式のことです。

その後、最澄は自分の三人の弟子を空海のもとへ派遣して密教を学ばせるのですが、そのうちのひとりが勝手に真言宗に改宗してしまいます。さらには、最澄と空海の間で経典の貸し借りに関する意見の食い違いや、仏教観の相違によって拗れ、ふたりは袂を分かつことになったのです。

そうして、そこで天台宗における密教の編入は一時止まったままになってしまいました。しかし、最澄の没後、弟子の円仁と円珍が唐へ留学して密教を学んで帰ったおかげで、密教を内包する天台宗となったのです。

「具足戒」をなくして受戒を一回で済ませよう

最大の支持者だった桓武天皇の崩御後、最澄は南都六宗に対して天台宗の立場を強めるべく行動を起こします。その筆頭として「具足戒」を捨てると宣言したのでした。

先述した通り、日本で僧尼になるにはふたつの「授戒」を受けなければなりません。これは奈良時代に聖武天皇が病床に伏した際に一挙に3800人もの僧尼が増えてしまったことが原因でした。このなかにはお経も読めない人もいるほどで、僧尼の質が低下してしまったのです。

そこで当時の朝廷は、簡単に僧尼を増やさないように唐から「鑑真」という高僧を招いてふたつめの「具足戒」を実施し、「授戒」の儀式を二段階にしました。

最澄はこの「具足戒」を捨て、一回目の「菩薩戒(大乗戒)」だけで良いとします。それまでの認識だと「菩薩戒」を受けたものは見習いの僧侶か、寺に入らない在家の信者という扱いです。「具足戒」をやめてしまうと、出家した僧侶とそうでない普通の人との区別がなくなるんですね。

そして、「菩薩戒」を行うための場所「大乗戒壇」を比叡山につくる許可を朝廷に求めました。

山ごもりの修行をしよう『山家学生式』

image by PIXTA / 45511688

「具足戒」を捨てることに、もちろん南都六宗は大反対しました。またお経も読めないような、なんちゃって僧侶が出てきたら仏教界の信頼が地に落ちてしまいます。それに、天台宗は今や国家の安穏を祈る年分度者の一員ですから、そのなかに僧侶モドキを入れるわけにはいきません。

すると、南都六宗たちの反論に対して最澄は、年分度者になる僧には、十二年間山にこもって厳しい修行をさせることにしたのです。そうして、最澄が嵯峨天皇に提出したのが『山家学生式』でした。ここには人材育成の方針や、修行の規則が記されています。

\次のページで「鎮護国家のため、全国六ヶ所に塔を建てよう」を解説!/

鎮護国家のため、全国六ヶ所に塔を建てよう

「具足戒」を捨てる宣言の翌月、『六所造宝塔願文』を著して天台宗の鎮護国家に対する考えを発表します。これは日本の六ケ所に仏塔を建て、その中に1000部ずつ納めた法華経の力で日本を守護してもらうというものでした。

残念ながら、最澄のこの計画は成就しません。しかし、比叡山の西塔、東塔というふたつの地区の名前はここから取られたものなんですよ。

南都六宗との論争に明け暮れた晩年

晩年の最澄は、南都六宗との論争に明け暮れます。特に法相宗の徳一(とくいつ)との「三一権実の論争」が代表的ですね。ただし、この論争の決着はつきません。つく前に、ふたりとも亡くなってしまうので。

そして、とても残念なことに、最澄が強く望んでいた比叡山の「大乗戒壇」は、最澄の入寂した数日後に許可されたのです。

最澄が「伝教大師最澄」と呼ばれるようになるのは866年。入寂から44年後の866年のことでした。

奈良仏教への対抗

従来の奈良仏教、南都六宗を離れ、「法華経」を胸に比叡山で修行を積んだ最澄。その能力を見出した桓武天皇によって取り立てられ、最澄は奈良の仏教界への対抗宗派として大きく飛躍します。そうして、のちに平安時代を代表する「天台宗」を開いたのでした。

" /> 平安時代に天台宗を開いた「最澄」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説 – Study-Z
平安時代日本史歴史

平安時代に天台宗を開いた「最澄」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

奈良時代の終わりごろ、平城京の仏教宗派は朝廷の政治にクチバシを入れるようになっていた。それで桓武天皇は平安京へ遷都したんですが、仏教はすでに日本にとってなくてはならないものになっていたんです。しかし、奈良の仏教に頼ったら元の木阿弥です。どうせならその辺に対抗できるような新しい宗派がほしい。そうして桓武天皇が目を付けたのが、比叡山で修行していた「最澄」という僧侶だったというわけです。

今回はその「最澄」について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。平安時代は得意分野。

1.「最澄」と新しい都と仏教界

最澄像 一乗寺蔵 平安時代.jpg
不明 – 藝術新潮1974年 10号 増大特集日本の肖像画, パブリック・ドメイン, リンクによる

京都にお寺はふたつしかなかった

奈良時代の終わりには「宇佐八幡宮信託事件(道鏡事件)」や「藤原種継暗殺事件」、さらに「早良親王の祟り」と大事件と災害が立て続けに起こり、それらから逃れるために桓武天皇は新たに平安京へと遷都します。
今でこそ京都には多くのお寺があり、観光にも開かれていますね。しかし、遷都した当時は都の入口羅生門の近く、都を左京と右京に分断する朱雀大路を挟んだところに「東寺」と「西寺」のふたつしかありませんでした。奈良の平城京には「南都六宗」と言われる六つの仏教の宗派がありましたが、新しい平安京へは移転させなかったのです。

出家!いざ比叡山へ

767年、最澄は奈良時代の末期に比叡山のふもと(滋賀県大津市)に生まれます。12歳で近江の国分寺(国営の寺院)に入り、14歳で最初の「授戒」を受けて見習い僧侶となりました。

「授戒」というのは、僧侶になるための儀式のことを指します。この当時は最初に「菩薩戒(大乗戒)」、次に「具足戒」を受け、ふたつをクリアして初めて国家の認める正式な僧侶(官僧)になれました。ひとつめの「菩薩戒」を受けた段階だと見習い僧侶や、在家の仏教徒という扱いで、本当の僧侶ではないのです。

最澄が奈良の東大寺で「具足戒」を受けたのは19歳のときでした。普通、正式な僧侶として認められると、国分寺の僧になります。ところが、彼はそうはならずに比叡山に登り、そこに「一乗止観院」という草庵を建てて薬師如来を祀ったのです。この「一乗止観院」は、のちの「比叡山延暦寺」のもととなった仏堂でした。

思いを込めた「一乗止観院」

image by PIXTA / 32000721

最澄が名付けた「一乗止観院」という名前には、彼がよりどころとした「法華経」の性格がよくあらわれています。

頭の「一乗」は「法華一乗」の「一乗」です。インドの大乗仏教では、悟りを開くための三種類の教えと実践方法をそれぞれ「声聞」「縁覚」「菩薩」といい、乗物に例えて「三乗」といいました。この三つを最終的に包括したものが「法華経」だ、という思想が「法華一乗」であり、最澄が開く「天台宗」の中心となる思想です。もう少し簡単な言い方をすると「どんな教えも最終的には「法華経」につながっている」ということですね。

そして「止観」は静かに自分の心を見つめる瞑想法のことで、天台宗の中心的な修行方法となります。

\次のページで「「内供奉十禅師」に任命される」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: