助動詞といえば、最初に can や will を学習するなど、馴染みのある品詞です。ただ、使用する場面は幅広いので、基本、過去の表現、会話表現、慣用表現の4つがあるとイメージして把握しておくと理解し使いこなすことにつながる。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

助動詞の基本と過去の表現

image by iStockphoto

助動詞のさまざまな使い方のうち、基本と過去の表現について見ていきます。基本ではさまざまな種類の助動詞を、過去の表現では2種類の過去の表現の違いを例文を交えてみていきましょう。

助動詞の基本

先に、助動詞の基本について見ていきましょう。主な助動詞には次のようなものがありますが、「…できる」という訳だけで覚えるよりも「可能」という抽象表現でもあわせて覚えておくと理解が深まります。

can(可能、許可、可能性、推量)「…できる、してもよい、ありうる」

may(許可、可能性、推量)「…してもよい、かもしれない」

must / have to(強制、命令、推量)「…しなければならない、に違いない」

will(未来、強い意志)「…だろう、しようとする」

should(義務、忠告、推量)「…すべきだ、であるはずだ」

had better(助言、命令)「…したほうがよい、しないといけない」

助動詞の過去の表現

次は、助動詞の過去の表現についての説明をします。過去の表現は、通常の過去形と過去のことに今言及している表現の2つです。

通常の過去は、助動詞がそのまま過去形になります。can なら could と過去形にし、「…することができた」という意味です。

過去のことに今言及する場合は、「助動詞 + have + 動詞の過去分詞形」で may なら「…したかもしれない」となります。

<通常の過去>
He could pass the entrance exam into his preferred school.
彼は志望校の入学試験に合格することができた。

<過去に言及する場合>
She may have regreted to do such a thing.
彼女はそんなことをして後悔したかもしれない。

\次のページで「助動詞の独特な表現」を解説!/

助動詞の独特な表現

image by iStockphoto

後半は、助動詞の独特な表現として、会話表現や慣用的な表現を見ていきます。それぞれに、表現は幅広いので意味や使い場面をチェックしていきましょう。

助動詞を使う会話表現

まずは、助動詞を含む会話表現の説明です。代表的なものには、「can(許可、依頼)」「may(許可)」「will(依頼)」「shall(意思確認、提案)」などがあります。助動詞を文頭におき、「助動詞 + 主語 + 動詞の原形…?」という形になりますよ。

Can I your cell phone?(許可/あなたの携帯電話を使ってもいい?)

Can you lend me this notebook?(依頼/私にこのノートを貸してくれませんか?)
→can の代わりに could を使うと、丁寧な表現になります。

May I help you?(許可/あなたを手伝ってもよいですか→[店員が]御用はございますか)

Will you show me the pictures?(依頼/私にその写真を見せてくれませんか)
→will の代わりに would を使うと、丁寧な表現になります。

Shall I open the window?(意思確認/窓を開けましょうか)

Shall we go shopping today?(提案/今日買い物に行きませんか)

助動詞の慣用的な表現

最後に、助動詞の慣用的な表現のチェックです。助動詞の慣用的な表現はたくさんあるので、助動詞ごとにチェックしておくといいですね。代表的なものを例文とともに見ていきましょう。

He may well be broken.(彼は骨折している可能性がある)
→ほかに、「…するのももっともだ」という意味で使うこともできます。

We can't be too careful about our health.(私たちはいくら健康に注意してもしすぎることはない)

I would like to make a reservation.(予約をしたいのですが)
→ to のあとには名詞や動名詞が続きます。不定詞ではないことに注意。

I would rather stay at home than go out.(私は外出するよりむしろ家にいたい)

\次のページで「助動詞では、」を解説!/

助動詞では、

今回の記事では、助動詞について解説してきました。助動詞では、基本的な使い方のほかに「過去の用法」「会話表現」「慣用表現」があります。このように、基本以外に3種類あることを知っておくと整理しやすいですよ。

また、助動詞の用法は「…することができる」という意味だけでなく、「可能」などの抽象的な言い方で言い換えることでほかの助動詞との関連を理解することにつながります。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】助動詞を現役塾講師がわかりやすく解説!助動詞は基本と過去と会話表現と慣用表現の4つ – Study-Z
英語の勉強法

【英語】助動詞を現役塾講師がわかりやすく解説!助動詞は基本と過去と会話表現と慣用表現の4つ

助動詞といえば、最初に can や will を学習するなど、馴染みのある品詞です。ただ、使用する場面は幅広いので、基本、過去の表現、会話表現、慣用表現の4つがあるとイメージして把握しておくと理解し使いこなすことにつながる。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

助動詞の基本と過去の表現

image by iStockphoto

助動詞のさまざまな使い方のうち、基本と過去の表現について見ていきます。基本ではさまざまな種類の助動詞を、過去の表現では2種類の過去の表現の違いを例文を交えてみていきましょう。

助動詞の基本

先に、助動詞の基本について見ていきましょう。主な助動詞には次のようなものがありますが、「…できる」という訳だけで覚えるよりも「可能」という抽象表現でもあわせて覚えておくと理解が深まります。

can(可能、許可、可能性、推量)「…できる、してもよい、ありうる」

may(許可、可能性、推量)「…してもよい、かもしれない」

must / have to(強制、命令、推量)「…しなければならない、に違いない」

will(未来、強い意志)「…だろう、しようとする」

should(義務、忠告、推量)「…すべきだ、であるはずだ」

had better(助言、命令)「…したほうがよい、しないといけない」

助動詞の過去の表現

次は、助動詞の過去の表現についての説明をします。過去の表現は、通常の過去形と過去のことに今言及している表現の2つです。

通常の過去は、助動詞がそのまま過去形になります。can なら could と過去形にし、「…することができた」という意味です。

過去のことに今言及する場合は、「助動詞 + have + 動詞の過去分詞形」で may なら「…したかもしれない」となります。

<通常の過去>
He could pass the entrance exam into his preferred school.
彼は志望校の入学試験に合格することができた。

<過去に言及する場合>
She may have regreted to do such a thing.
彼女はそんなことをして後悔したかもしれない。

\次のページで「助動詞の独特な表現」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: