英語の勉強法

英語速攻攻略を目指す!「疑問詞」の意味・用法を現役英語講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の重要単元「疑問詞」の意味や用法について解説する。

「疑問詞」はいわゆる「5W1H」と呼ばれるものが有名だが、その他の疑問詞の意味や使い方も覚えれば、あっという間にマスターできるぞ。

国立大文学部卒業で、現役の英語講師でもあるライターすけろくを呼んだ。さあ「疑問詞」攻略の授業を始めようか。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

すけろく

ライター/すけろく

現役英語講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「疑問詞」の意味・用法とは?

image by iStockphoto

「いつ・どこで・だれが・何を・なぜ・どのように」のように、相手に具体的な情報を質問する言葉が疑問詞です。通常の疑問文では疑問詞は文頭に置かれますが、間接疑問文や「疑問詞+不定詞」などでは、その限りではありません。

また、疑問詞はさらに細かく「疑問代名詞」「疑問副詞」「疑問形容詞」の3つの種類に分けることができます。では、それぞれの意味や用法をもう少し詳しくみていくことにしましょう。

#1 「疑問代名詞」の意味・用法

「疑問代名詞」には「who」「what」「which」の3つがあり、それぞれ「だれ」「なに」「どちら」という意味を表します。さらに、「who」は所有格では「whose」に、目的格では「whom」に変化するのも特徴です。

ただし、現代英語では目的格の「whom」が用いられることはまれで、「who」で代用してしまうことがほとんどだとされます。では、それぞれを例文で確認してみましょう。

Who is that man talking with your father?
君のお父さんと話をしているあの男性は、だれですか?

Please tell me what your son’s name is.
あなたの息子さんの名前はというのか教えてください。

Which do you like better, summer or winter?
夏と冬では、あなたはどちらが好きですか。

Whose is this dictionary?
この辞書は、だれのものですか。

#2 「疑問副詞」の意味・用法

「疑問副詞」には「when」「where」「why」「how」の4つがあり、それぞれ「いつ」「どこ」「なぜ」「どのように」という意味を表します。これらは、時・場所・理由・方法を尋ねるときに用いられる疑問詞です。

さらに、「how」は他の形容詞や副詞と結びついて「どのくらい○○」の意味を表すことができます。では、こちらも例文で確認しておきましょう。

When is your teacher’s birthday?
あなたの先生の誕生日は、いつですか?

Where in Tokyo does she live?
東京のどこに、彼女は住んでいるのですか。

Why were you so angry then?
あなたは、なぜそのときそんなに怒っていたのですか。

How did you know that?
どうやってそのことを知ったのですか?

How long have you stayed in London?
あなたは、どのくらいの間ロンドンに滞在しているのですか。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「たかが疑問詞、されど疑問詞」の精神でけっして疑問詞を軽く見ないようにすることだ。

疑問詞をしっかりと学んでおけば、英語を使うさまざまなシーンできっと役に立つぞ。

#3 「疑問形容詞」の意味・用法

さて、最後にご紹介するのが「疑問形容詞」です。「疑問形容詞」には「what」「which」の2つあり、それぞれ他の名詞と結びついて用いられます。

このとき表す意味は、それぞれ「どんな、何の○○」「どちらの○○」です。「what」は不定数の候補の中から、「which」は一定数の候補の中から、それぞれ選んで回答してもらいたいときに用いられます。

What color do you like the best?
あなたは、何色がいちばん好きですか。

Which bike is yours, this one or that one?
こちらとあちら、どちらの自転車があなたのものですか。

「疑問詞」は英語のマストアイテム!

「疑問詞」は、読解やリスニング、英会話など英語のあらゆるシーンで大活躍してくれます。むしろ、これらを理解しておかないと問題を解くことなど到底おぼつきません。

単語のつづりは当然のこと、日本語への訳し方や機能も含めて、基本的なものは完璧に仕上げておくことが求められます。

今回、この記事で紹介したものはかならず覚えておきたい「マストアイテム」として、何度も復習を繰り返してかならず「モノ」にしておきてくださいね。

Share:
すけろく