英語の熟語

【英語】1分でわかる!「yet another …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「yet another …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「さらに別の一つの…」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「yet another …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「yet another …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「yet another …」は「さらに別の一つの…」という意味です。「yet」は「まだ」という意味がよく知られていますが、「しかし」ということも表します。「another」は「もう1つの」や「別の」という意味です。

意味「さらに別の一つの…」

「yet another …」は「さらに別の一つの…」という意味です。「YA」と省略されることもあります。1つの例を提示したうえで、さらにもう1つ例を紹介する際に使われる表現です。

Here is one example. I didn’t speak English at all, but I got a good score at TOEIC test now. Yet another, my friend didn’t at all too, but she studied English everyday. Then she is studying at college in the US now. So everyone become able to speak English if they keep going everyday.
これが1つ目の例です。私は全く英語が話せませんでしたが、TOEICを出すことができました。さらに別の例として、私の友達も英語ができませんでした。しかし、毎日彼女は頑張ったので、現在はアメリカの大学で学んでいます。このことから、もし継続をすれば、みんな英語はできるようになるんです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「yet another …」は「さらに別の一つの…」という意味だ。例を挙げたうえで、さらにもう1つ例を述べる表現だということを覚えておくと良いだろう。

熟語「yet another …」の言い換えや、似た表現は?

「yet another …」の言い換え表現として、「for another」があります。また、似た表現は「for one thing」「for example」「for instance」「like」「such as」です。

\次のページで「言い換え例:「for another」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: