英語の勉強法

英語速攻攻略を目指す!「yet」の使い方を現役英語講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の重要単語「yet」の意味や使い方について解説する。

「yet」は「まだ…ない」という意味で有名だが、もうひとつの重要な用法を覚えれば、あっという間にマスターできるぞ。

国立大文学部卒業で、現役の英語講師でもあるライターすけろくを呼んだ。さあ「yet」攻略の授業を始めようか。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/すけろく

現役英語講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「yet」の意味・用法とは?

image by iStockphoto

「yet」に初めて触れるのは、中学校で現在完了の文を教わるときではないでしょうか。「yet」はたしかに現在完了とともに用いられることの多い言葉でしょう。

しかし、現在完了以外の文でも割と多く見かけられるのも事実です。さらに、「yet」には接続詞としての用法もあります。

意外に思われるかもしれませんが、テストでは盲点となりやすい部分です。その辺りも含め、さらに詳しく見ていきましょうか。

#1 副詞としての「yet」・その1

「yet」現在完了や現在形の否定文で用いられ、「まだ…ない」の意味を表します。この場合の「yet」は副詞で、置かれる位置は通常文末です。

また、「yet」は疑問文でも用いられ、「もう、すでに」の意味を表すこともできます。これらは、まず最初に覚えることをおすすめする「yet」の基本的な用法です。

ちなみに、肯定文では「already」が代わりに用いられます。それでは、「yet」の用法を例文で確認しておきましょう。

I haven’t finished my homework yet.
私は、まだ宿題を終えていない

The task is not finished yet.
その仕事は未だに終わっていない

Have you read the book yet?
もうその本を読んでしまいましたか。

#2 副詞としての「yet」・その2

現在完了で用いる他に、「yet」は未来を表す文でも用いることができます。その場合の「yet」は「いつか、やがて」です。

さらに、「yet again」のように他の形容詞や副詞を修飾する用法もあります。この場合の意味は「さらに、そのうえ」です。

みなさんは、「yet」にこれらのような意味やニュアンスがあることをイメージしにくいかもしれませんね。しかし、これらを覚えておけば英会話や仕事など実用的なシーンできっと役に立つことでしょう。

I will check it yet.
いつかチェックしておくよ。

You’ll have a hard time yet.
そのうち辛いときを過ごすことになるぞ。

I have made a mistake yet again.
私は、またミスをしてしまった。

\次のページで「接続詞としての「yet」」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: