ヨーロッパの歴史世界史歴史

アートの表現を変えた天才画家「ピカソ」芸術史の影響を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。パブロ・ピカソはスペイン生まれの芸術家。キュビスムの創始者としても知られている。彼の作風は時期によりどんどん変化するため「〇〇主義」とくくることが難しい天才だ。

それじゃ、ピカソの芸術表現の挑戦や現代アートに与えた影響について、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。芸術史をたどるとき「ピカソ」を避けて通ることはできない。「ピカソ」の作品は写実主義的な芸術に革新をもたらした。そんな画家が今日に与えた影響も含めて解説していく。

スペインのアンダルシア地方に生まれたパブロ・ピカソ

image by PIXTA / 42842447

ピカソが誕生したのは1881年10月。スペイン南部になるアンダルシア地方にて、ホセ・ルイス・ブラスコとマリア・ピカソ・ロペスのあいだに生まれました。美術教師でもあった父親は、幼少期のピカソの師匠としての役割も担いました。

ピカソが15歳のときに作品は社会派のリアリズム

美術に対する興味を深めたピカソは、バルセロナにある美術学校に入学すると、瞬く間にその才能を開花させます。当初、ピカソが描いていた絵画の様式は古典的なもの。私たちが思い描くような斬新なものではなく、状況を緻密に描写するリアリズムを追求するものでした。

ピカソの才能が初めて日の目をみたのが「科学と慈愛」という作品。ピカソが15歳のときに制作したものです。病気で寝たきりになっている母親、それを見つめる子ども、脈をとるだけの医者を描いた「科学と慈愛」は、貧困家庭の現実をリアリズムの手法で描き出しました。

マドリードの美術学校に入るものの退学

「科学と慈愛」は高く評価され、国展では佳作(名誉賞)を、地方展では金賞を受賞します。それをきっかけにピカソは、マドリードにある王立サン・フェルナンド美術アカデミーに入学することに。画家としての道を着々と歩むかのように見えました。

しかしピカソは、美術アカデミーの校風や学びになじむことができず、すぐに退学してしまいます。その後、美術館に足しげく通い、有名な作品を黙々と模写するように。芸術史に名を残した名画の様式を自分のものにし、画力を高めてきます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ピカソは、模写をするだけではなく、レストランのメニューやポスターのデザインも引き受けていた。デザイナーとしての経験が、のちにピカソが斬新な様式を開拓する基礎となったことは間違いないだろう。

ピカソの不安な青春時代を表現した「青の時代」

image by PIXTA / 57446688

芸術家ピカソの出発点となる作品のシリーズが「青の時代」と言われるもので、バルセロナそしてパリで描かれました。「青の時代」の作風は全体的に青を基調とする色彩が特徴。青年ピカソの心のうちにある不安や孤独をあらわしています。

友人のカサヘマスの死にショックを受けたピカソ

ピカソの「青の時代」のはじまりは彼の親友であるカサヘマスの自殺。カサヘマスはスペイン人の画家・詩人で、ピカソと共にスタジオで寝泊まりした仲でもありました。二人はスペイン国内やパリに一緒に旅行するなど行動を共にします。

カサヘマスはモデル女性に恋をするものの、男性的能力の不完全さから関係を全うできず、それをきっかけにうつ病を患うようになりました。何度か自殺を試みた彼は、最終的に送別会における自傷行為から病院で亡くなります。

薄暗い青の色調がピカソの心の不安を投影する

「青の時代」の作品のテーマは命。ピカソの青年時代の作品でありながら、老人の老いた体が数多く登場します。また、老人にくわえて赤ちゃんも「青の時代」の主要モチーフ。老人と赤ちゃんのコントラストは「生と死」を強力に意識させるものでした。

登場人物は、病人、娼婦、ホームレスなど、社会の底辺にいる人々。「科学と慈愛」で引き出された社会派リアリズムの手法の影響も残っていることが分かります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke