英訳英語

【英語】「すみません」は英語でどう表現する?「すみません」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「すみません」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

日本語では主に、謝罪、お礼、声掛けの3つのケースで「すみません」という言葉が使われていました。そこで、英語でも3つのパターンに分けて、表現をご紹介していきます。

1.謝罪を表す「すみません」

日本語でもそうですが、「すみません」よりも「申し訳ない」と言った方が丁寧な謝罪になりますね。「すみません」というのは、軽く謝る際に用いられる表現です。

英語で軽く謝る際に使われる表現は、「Excuse me.」が一般的ですね。「excuse」というのは、「非を免じる」という意味があります。歩いている時にぶつかってしまったり、隣に座っている人と腕が当たってしまったりした際に使えますよ。

他にも、「ごめん!」という意味で「Sorry」も使われます。よく知られている表現で、「sorry for ○○」で「○○してごめんなさい」という意味です。

1.Excuse me. Coming through!
すみません、通してください!

2.I’m sorry for late reply.
返信が遅くなって、すみません。

3.If you will excuse me, He is going home.
もしあなたが許すなら、彼は帰るだろう。

2.お礼を表す「すみません」

お礼を伝えたい時、日本語では「すみません」、もしくは「ありがとう」と言いますね。英語では、「ありがとう」というお礼の意味を取って、「Thank you.」で問題ありません。

「Thank you for ○○」とすることで、「○○してくれてありがとう」と伝えることが出来ます。

1.Thank you for visiting my home.
家に来てくれてありがとう。(わざわざ来てくれてありがとう。)

2.Thank you very much.
(何かをしてくれた相手に対して)ありがとうございます。

\次のページで「3.声をかける際の「すみません」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: