英語の勉強法

【英語】being の使い方を現役塾講師が解説!使い方は現在分詞と動名詞に分けて考えよう

よぉ、桜木建二だ。今回は、being という単語の使い方や用法について見ていく。being のもとが be動詞だから、イコールの関係を表す「…である」や存在を表す「…がいる、ある」という意味があるぞ。さらに、being は be動詞の現在分詞形として使うこともあれば、動名詞として使うこともある。さらには、名詞の being もあわせてチェックしていこう。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

動詞としての being

image by iStockphoto

being には動詞と名詞があるうち、ここでは動詞の being について見ていきます。動詞にも、現在分詞の being と動名詞の being があるので、それぞれに分けて使い方を確認していきましょう。

現在分詞としての being

まずは、動詞の現在分詞形としての being についての説明です。be動詞の現在分詞形は「being」、過去分詞形は「been」でした。

現在分詞形を使う場面のひとつに、進行形があります。being だと「be動詞 + being」ですが、意味としてはあまり使いようがありません。進行形を使う場合は、受動態との組み合わせで「be動詞 + being + 動詞の過去分詞」となり「…されているところだ」という意味になります。

もう一つは、分詞として修飾する場合です。名詞の修飾をするケースもありますし、分詞構文として「Being + 形容詞 …」として使われることもあります。

The newest infomation is being collected now.
今、最新の情報が集められているところだ。

Being busy, I have no time to answer the question to you.
忙しかったので、私はあなたに質問に答えるための時間がない。

動名詞としての being

次に、動名詞としての being について、説明していきます。動名詞は、動詞に ing をつけた形で「…すること」と訳しますよ。動名詞は名詞句をつくるので、主語や目的語など名詞を置ける場所にはどこにでも置くことができますが、意味合いから前置詞の目的語として使われることが多くなっています

Being with our teacher makes us happy.
私たちの先生と一緒にいると楽しくなる。

She is proud of being a member of this society.
彼女はこの会の会員であることを誇りに思っている。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで、動詞としての being について見てきた。分詞や動名詞は使い方に幅が広いので、さまざまな場面、さまざまなポジションで使われることに注意が必要だ。

名詞としての being

image by iStockphoto

being には、動詞 be の現在分詞形としてだけではなく、名詞として使われることがあります。意味合いは幅広いので、大まかに意味合いを分けて例文を交えて見ていきましょう。

存在を意味する being

一つめの意味は、「存在、実在、人生」という意味です。be動詞の「存在」のほうの意味がもとになっています。また、「存在するもの、生きもの、人間」など、不可算名詞としての意味で使うことができますよ。

I don’t know the meaning of our being.
私は私たちの存在の意味がわからない。

She is fascinating as a human being.
彼女は人間として魅力的だ。

本質を意味する being

もう一つの意味は、「本質、本性、天性」です。さきほどの「存在」などの意味とは少し違って、「存在するそのものの意味や特性」というニュアンスがあります。そして、この場合は、不可算名詞として使いますよ。

We must understand the very being of this basic learning material.
私たちはこの基礎学習教材の本質を理解しなければならない。

He came out his being in a critical condition.
彼は危機的状態で本性を表した。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、being の動詞や名詞としての使い方を解説してきた。そのほとんどは動詞として使われるが、多少違いはあるものの名詞のほうも動詞と関連した意味合いなのであわせて覚えておくといいぞ。

締め文の見出しを設定してください。

今回の記事では、being の意味や使い方について説明しました。動詞の being では、分詞として使う場合と動名詞として使う場合がありましたが、どちらとして使っているかをはっきりしておくと意味がつかみやすくなりますよ。

名詞としての使い方では、意味によって可算名詞とと不可算名詞があります。意味をチェックしてどちらか判断するといいですね。

Share:
yamato810