生物

脊椎動物にはどんな種類の生き物がいる?現役講師がさくっと解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は脊椎動物とその種類について学んでいこう。

動物はおおきく脊椎動物と無脊椎動物に分けることができる。以前の記事では無脊椎動物について紹介したが、今回は脊椎動物のほうをみてみよう。中学理科でも必須の学習項目だぞ。

今回も、大学で分類学を中心に学んでいた現役講師のオノヅカユウに解説してもらう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

脊椎動物とは?

脊椎動物とは?

image by Study-Z編集部

脊椎動物とは、体に背骨をもっている動物のことをさします。背骨のことを脊椎というので、このような名前です。

脊椎(背骨)は小さな椎骨(ついこつ)という骨がつながってできてできています。人間の脊椎を構成する椎骨は約30個。頭に近いほうから、頸椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙椎(せんつい)、尾椎(びつい)という名前もついていますね。

脊椎は体の軸となるだけでなく、とくに直立二足歩行をする人間にとっては体を支えるのに必要不可欠な構造体です。

また、中枢神経系として脳と脊髄をもつことや、血液が赤いことなども、脊椎動物に広くあてはまる特徴といえます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

逆に言うと、無脊椎動物は脊椎をもたない動物だ。タコやイカなどの軟体動物や、昆虫類やクモ類甲殻類もふくむ節足動物、クラゲやイソギンチャクなどの刺胞動物など、たくさんの生き物がいるぞ。

動物界の中の脊椎動物

脊椎動物にふくまれている生物について詳しく見ていく前に、まずは動物界のなかでの脊椎動物の位置づけを確認しておきましょう。

脊椎動物は正確に言えば、動物界の中の脊索動物門にふくまれている、脊椎動物亜門というグループのことになります。「脊椎」とよく似た言葉である「脊索」とは何なのでしょうか?

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka