英語の勉強法

英語速攻攻略を目指す!「分詞」の使い方を現役英語講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英文法の重要単元「分詞」の使い方について解説する。

分詞は現在分詞と過去分詞の二種類があるが、その訳し方の違いや扱う上での注意点を覚えれば、あっという間に使い方をマスターできるぞ。

国立大文学部卒業で、現役の英語講師でもあるライターすけろくを呼んだ。さあ「分詞」攻略の授業を始めようか。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/すけろく

現役英語講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「分詞」の意味・用法とは?

image by iStockphoto

「分詞」とは、動詞の変化形のひとつで形容詞の性質をあわせもったものです。具体的には、現在分詞(~ing)過去分詞(~ed)の二つがこれに当てはまります。

分詞の用法は、「be動詞」や「have(has)」と組み合わせたり、前後から名詞を修飾したりと実にさまざまです。

現在分詞には、「~している」「~させるような」という意味があります。一方の過去分詞は、「~される」「~してしまった」などと訳すのが一般的です。

#1 「be動詞」と組み合わせて使う用法

「現在分詞」は「be動詞」と組み合わせることで、「進行形」を作ることができます。この場合、「~している(ところだ)」と訳すのが一般的です。

一方、「be動詞」+「過去分詞」の組み合わせは「受動態(受け身)」と呼ばれ、「~される(されている)」と訳します。

では、さっそく例文でそれぞれの用法を確認してみましょう。

We are watching a soccer game on TV now.【現在進行形】
我々は、今テレビでサッカーの試合を観戦しています

The novel was written by Soseki in Meiji era.【受動態】
その小説は、明治時代に漱石によって書かれた

#2 have(has)と組み合わせて使う用法

「have(has)」と「過去分詞」を組み合わせることで「現在完了形」を表すことができます。

主な意味・用法は「継続(ずっと~している)」「経験(~したことがる)」「完了・結果(~したところだ/してしまった)」の三つです。

I have lived in Japan for ten years.【継続】
私は、10年間日本に住み続けている

Have you ever visited Kyoto?【経験】
あなたは、京都を訪れたことがありますか

She has already finished her homework.【完了・結果】
彼女は、すでに宿題を終えてしまった

次のページを読む
1 2 3
Share: