英語の熟語

【英語】1分でわかる!「propose a toast to …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「propose a toast to …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…への乾杯の音頭をとる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「propose a toast to …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「propose a toast to …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「propose a toast to …」は「…への乾杯の音頭をとる」という意味です。「propose」は「~に結婚を申し込む」という意味のほかに、「~を提案する」ということも表します。「toast」は「乾杯」のほかに、口語で「命運が尽きる」ということも表す単語です。

意味「…への乾杯の音頭をとる」

「propose a toast to …」は「…への乾杯の音頭をとる」ということを表す熟語です。「…」には人を当てはめます。

また、「propose」の代わりに「make/ have/give」を使って、「make (have/give) a toast」としても問題ありません。「toast」には「a」が付くことを忘れないようにしてくださいね。

I proposed a toast  to the bloom and bride.
私は新郎新婦への乾杯の音頭をとった。

We have a party tonight because he got a job. On his party, I proposed a toast to him.
彼の仕事が決まったので、今夜はパーティーを開いている。パーティーで私は彼への乾杯の音頭をとった。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「propose a toast to …」は「…への乾杯の音頭をとる」という意味だ。「propose」だけでなく、「make/give/have a toast」とすることもできるぞ。

熟語「propose a toast to …」の言い換えや、似た表現は?

「propose a toast to …」と似た表現として、「Cheers!」「Bottoms up!」「Raise a glass」があります。また、飲みに行くことに関連する表現は「It’s on me.」「Let me buy you a drink.」「I got tipsy/drunk.」です。それぞれの表現の意味や使い方を例文と一緒に見てみましょう。

\次のページで「類似表現例:「Cheers!」「Bottoms up!」「Raise a glass」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: