日本史明治明治維新歴史

不平士族が引き起こした5つの「士族反乱」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は士族反乱について勉強していくぞ。士族反乱とは明治時代の初期、明治政府に反発する士族が起こした反政府活動であり、その活動は一度では終わらない。

佐賀の乱から始まり西南戦争まで、士族反乱とはこの一連の活動を意味するもので、覚えることはなかなか多い。そこで今回、士族反乱について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から士族反乱をわかりやすくまとめた。

士族の解体

image by PIXTA / 24002865

権威が低下した士族

江戸時代が終わって明治時代が始まると、士族はその立場が一変します。明治政府の方針は日本の近代化、外国の技術や文化を取り入れて軍事力を高めようと考える中、これまでのように武士として優遇されることはなくなってしまいました。要するに、明治時代の日本では刀の時代は終わったのです。

思えば江戸時代の末期、日本は西洋列強と対等に渡り合える強さを手にしようとしました。「強い日本を作るためには今のままではいけない」と人々は立ち上がり、明治維新と呼ばれる革命を起こして倒幕を果たしますが、その中心となったのは薩摩藩や長州藩の士族ですね。

しかしそれはもう過去のこと、日本の近代化に向けて明治政府は国の制度を根本から変えなければならず、政治・経済・法律全てにおいて改めての見直しが必要となりました。その結果、江戸時代は武力と権力を持つエリート層だった士族も、近代国家においては不要とされたのです。

秩禄処分と廃刀令の不満

明治政府は不要となった士族を解体してしまおうと考えます。まず行ったのは1876年の秩禄処分、士族は家ごと、さらに戊辰戦争による功績で秩禄と呼ばれる給与を受け取っていましたが、明治政府にとってこれを支払い続けることは徐々に負担となったきたのです。

何しろ、近代国家実現には多額の費用がかかりますから、明治政府は士族に大きなお金を支払うほどの余裕はなかったのでしょう。そのため秩禄処分を行って秩禄の支給を打ち切り、さらに廃刀令を制定して刀を差しての外出を禁じます。いずれも士族にとって大きな不満となる改革でした。

秩禄の打ち切りは生活に影響しますし、武士である士族にとって刀は命、それを所持できないことは士族のプライドを傷つけます。もう明治政府に我慢ならないと爆発寸前となった士族達、これをきっかけに各地では士族反乱と呼ばれる反乱が次々と勃発していきました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

明治政府に不満を持つ士族のことを不平士族と呼ぶ。次々と剥奪されていく武士の特権、もちろんそれを受け入れた武士もいただろうが、それに反発していたのが不平士族だ。不平士族は明治政府に対して次々と反乱を起こしていくぞ。

士族反乱その1

image by PIXTA / 39690840

\次のページで「1874年 佐賀の乱」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: