英訳英語

【英語】「まさに」は英語でどう表現する?「まさに」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「まさに」を英訳するについて解説する。

この言葉の代表的な英訳は「surely」ですが、この言葉の幅広い意味やニュアンスを理解すると、英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「まさに」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「まさに」の意味と使い方は?

それでは、「まさに」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「まさに」の意味

「まさに」は、細かく見ていくと5つもの意味に分かれるので、その違いをよく見ておく必要がありますよ。「まさに」には、次のような意味があります。

1.ある事柄が成り立つことが動かしがたいさま。疑いもなく。確実に。
2. 一つの事物をそれ以外にはないものとして特に取りたてるさま。ちょうど。ぴったり。
3.(多く「将に」と書く)もう少しのところで物事が起こるさま。ちょうど今。
4.(多く「当に」と書く。「まさに…べし」の形で)ある事柄が成立することが強く望まれているさま。当然。
5.(反語表現に用いられて)ある事柄が成立するはずのないことを強調する気持ちを表す。どうして…しようか。

出典:大辞林 第三版(三省堂)

「まさに」の使い方・例文

次に「まさに」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この証拠から、まさにそれが事実であるとわかった。
2.彼の振る舞いは、まさに迷惑行為でしかない。
3.彼が手掛けた新商品がまさに実現しようとしている。
4.悪質商法に対して、消費者こそがまさに守られるべきである。
5.この理不尽な命令に、まさに従うべきだろうか(いや従うべきではない)。

\次のページで「「まさに」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: