英語の熟語

【英語】1分でわかる!「much/still less …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「much more」を使った言い換え

「much more」の意味は「much less」と同様に「なおさらである」です。何が違うかというと「much less」はネガティブな内容に続き「much more」はポジティブな内容に続くということですよ。例えば「私は英語を話せない、フランス語はなおさらだ」これはネガティブな内容(~することができない)なので「much less」を使います。一方「私はフランス語を話せる、英語はなおさらだ」これはポジティブな内容(~することができる)なので「much more」を使うことができますね。例文をみていきましょう。

If she can do it, much more I can.
彼女が出来るのであれば、自分はなおさら出来る。

You should be polite to other people,much more to eldery people.
他人には礼儀正しくするべきです、お年寄りにはなおさらです。

言い換え例:「all the more reason to[for]」を使った言い換え

「all the more reason to[for]」の意味は「なおさら」です。ニュアンスとしては「それならなおさら~しないとね!」といった感じですよ。例えば友達の一目ぼれした相手が日本好きだったとします。あなたが日本旅行にそのお友達を誘う時「それならなおさら日本に行かないとね!(If your crush likes Japan,that’s all the more reason for going to Japan with me!)のように使うことができます。

If you like Sushi,that’s all the more reason for going to Japan!
もしお寿司が好きなら、なおさら日本に行かないとね!

He can’t read nor write Japanese./That’s all the more reason why he should go to a good school.
彼は日本語の読み書きが出来ない。/ではなおさら、良い学校に行かないとね。

If she likes Japanese history,that’s all the more reason for going to Kyoto.
もし彼女が日本史好きなら、なおさら京都に行かないとね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで「much less…」とその似た表現である「much more」「all the more reason to[for]」を学習してきた。muchやlessなどそれぞれの単語の意味は知っていたが、組み合わせることで全然違う意味になることが分かった。その他には似た表現に「even more」「all the better」があるぞ。みんなには単語を辞書で沢山調べて、語彙力を磨いていってほしい。

熟語「much/still less…」を使いこなそう

ここまで肯定文や否定文を交えて、使い方を説明してきました。ここで紹介した以外にも様々な表現方法があるので辞書を引いて、単語帳を作る等してみるのもおすすめですよ。今回学習した「much/still  less」は日常会話でも使えるとても便利なフレーズです。ぜひ、沢山使ってみてくださいね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share:
greenforest