英語の熟語

【英語】1分でわかる!「much/still less …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「much/still less…」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…はなおさらである」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC940点で、現役の翻訳者であるライターBuppeを呼んだ。一緒に「much/still less…」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

greenforest

ライター/greenforest

幼少期をインターナショナルスクールで過ごす。大学留学と海外勤務経験を経て身につけた現地でも使われている英語を簡潔に説明する。

熟語「much/still less…」の意味は?

image by iStockphoto

「much/still less…」の意味は「…はなおさらである」です。一緒に学んでいきましょう。

意味その1 「…はなおさらである」

「…はなおさらである」という意味を持つ「much/still less…」。ニュアンスとしては「ましてや~である」です。否定的な内容をより強調する時に使うことができますよ。使い方については、例文で学んでいきましょう。

I can’t speak English,much/still less French.
私は英語を話せない、フランス語はなおさらです。

Chinese grammer is very difficult,much/still less pronunciation.
中国語は文法が難しい、発音はなおさらです。

That hospital has bad equipments,much/still less services.
あの病院は設備が悪い、サービスはなおさらです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

なるほど。「much/still less…」は肯定的な文章ではなく、否定的な文章のあとに、さらに否定的な内容を強調する時に使うことができるようだ。次は、似た表現や言い換え表現を見て行こう!

熟語「much/still less…」の言い換えや、似た表現は?

「much/still less…」の似た表現に「much more」と「all the more reason」を使った表現があります。詳しくみていきましょう!

次のページを読む
1 2
Share:
greenforest