英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be in need of …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「be in need of …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…を必要としている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「be in need of …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Moe

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「be in need of …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be in need of …」は「…を必要としている」という意味です。「need」は「必要としている」という動詞としての意味や、「必需品」といった名詞としての意味もあります。「need」は、自分自身が必要性を感じているので、しなくてはならないというニュアンスです。

意味 「…を必要としている」

「be in need of …」は「…を必要としている」という意味です。困っている状態のため、手助けやアドバイス、お金といったものが必要であることを表しています。文章の訳し方としては、「~に困っている」と訳すこともできそうですね。

また、「badly」という副詞をつけることで、「とても必要だ」という意味になりますよ。名詞に「in need」をつけると、「困った~」という意味になるので、覚えておくと良いでしょう。

I’m in need of money because I don’t have any jobs.
私は仕事がなくて、お金に困っている。

He’s in need of advice because he has to decide what he’s going to do after he graduates from college.
彼は大学卒業後何をするか決めなくてはいけないので、アドバイスを必要としている。

She’s in need help.
彼女は助けを必要としている。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「be in need of …」は「…を必要としている」という意味だ。困難な状況のため、お金や助け、アドバイスといったことを必要としている場合に使う表現だということを覚えておくと良いだろう。

熟語「be in need of …」の言い換えや、似た表現は?

「be in need of …」に関連した表現として「require」「necessary」「want」があります。それぞれの表現の意味や使い方を例文と一緒に見てみましょう。

次のページを読む
1 2
Share:
Moe