英語の熟語

【英語】1分でわかる!「for the time being」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「for the time being」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「当面の間」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC900点で、現役の翻訳者であるライターミッシェルを呼んです。一緒に「for the time being」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ミッシェル

中・高生の受験指導を経て、現在はアメリカで翻訳者として活動中。熟語の実践的な使い方を紹介する。

熟語「for the time being」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「for the time being」の意味は「当面の間、しばらくは」です。ずっとこの状態が続くわけではなく、「しばらくの間は、さしあたって」という一時的なニュアンスがあります。

意味「当面の間、しばらくは」

一時的なニュアンスで「当面の間、しばらくは」という意味を表します。「変更があるまで、解決策が見つかるまで」など暫定的な意味で使われますよ。「for」は「~の間」という意味があるので、「for」+「time being」(当面)の間=「しばらくは」ということです。文頭または文末に置くことができ、文頭に使う場合はカンマ(,)で区切るのが一般的ですよ。

For the time being, John can stay here with us.
当面の間ジョンが私たちとここで暮らしても構いません。

We should stick to this method for the time being.
私たちはしばらくはこの方法を続けていくべきです。

Sarah is driving her father’s car for the time being.
サラは今のところ父親の車を使っています。

熟語「for the time being」の言い換えや、似た表現は?

熟語「for the time being」を言い換えるには「for the moment」(今のところは、さしあたり)や「for the present」(当分、さしあたり)を使うことができます。どちらも一時的なニュアンスがあるので、ほぼ同じ意味を表すことができるでしょう。

\次のページで「言い換え例:「for the moment」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: