英語の熟語

【英語】1分でわかる!「presume A (to be) B」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「presume A (to be) B」の意味は1つだから、しっかり覚えろよ。意味だけでなく、「to do」やthat節と合わせた用法もあるから、忘れないように注意が必要だぞ。

熟語「presume A (to be) B」の言い換えや、似た表現は?

熟語「presume A (to be) B」の「推定する」という意味は、「estimate」や「assume」で言い換えが可能です。どちらも、「SVO to be C」の第五文型になります。

言い換え例:estimateを使った言い換え

「estimate」を使うと、言い換えることができます。「estimate A to be B」で、「AをBであると推定する」という意味です。このとき、Aには価値や人数などが入ります。

また、「estimate A at B」で「AをBと見積もる」という意味もありますよ。ここでは、Aには費用や損害、Bには金額や数量が入ります。

I estimated the loss at for million yen.
私は、損害を400蔓延と見積ました。

He estimated this room to be about 30 feel long.
彼は、この部屋は奥行きが約30フィートあると見積もりました。

We estimated the size of this crowd to be 1000.
私たちは、この群衆の規模を1000人と見込みました。

言い換え例:assumeを使った言い換え

「assume」を使うと、言い換えることが可能です。「assume」は、「(明確な証拠がなくても)想定する」や「憶測する」という意味があります。

そして「assume A to be B」で「AをBととる」や「AをBとみなす」という意味を表現するのです。このとき、Aには人や物・事、Bには名詞や形容詞を入れます。

また、「assume that …」で「…だと想定する」や「…だと推量する」という訳です。that節を用いた場合は、presumeとほぼ同じ意味を表すことができます。

I asuumed that the results are satisfactory.
私は、結果が満足のいくものだったと考えました(みなしました)。

He assume it to be true.
彼は、それが真実であると考えています。

She assumed that he wold pardon her.
彼女は、彼が許してくれると考えていました。

次のページを読む
1 2 3
Share:
要