英語の熟語

【英語】1分でわかる!「take (great) pains to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「take (great) pains to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「一生懸命に〜する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「take (great) pains to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。英語を言語学としても勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「take (great) pains to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「take (great) pains to ○○」には「一生懸命〜する」「苦労して〜する」という意味があり、うしろには動詞の原形がはいります。「pain」は可算名詞、不可算名詞どちらの使い方もありますが、不可算名詞で「痛み、苦痛」という意味で使われることが多いです。ただ、今回の表現では複数形で「骨折り、苦労」という意味で使われています。

意味その1 「一生懸命〜する」

まず「take (great) pains to ○○」には「一生懸命〜する」という意味があります。「苦痛を伴いながらもなんとか〜する」というイメージです。うしろに動詞ではなく名詞をつなげたい場合は前置詞「with」を使います。

それでは例文を見ていきましょう。

He took great pains to practice baseball.
彼は一生懸命野球を練習した。

She takes pains with her work.
彼女は仕事に精を出している。

I wil take great pains to study English.
私は英語を一生懸命勉強するつもりだ。

意味その2 「苦労して〜する」

また、「take (great) pains to ○○」には「苦労して〜する」という少しネガティブな意味もあります。

それでは例文を見ていきましょう。

I took great pains to cook dinner for a party.
私はパーティの夕食を作るのに苦労した。

My parents have taken pains to reared us.
私の両親は私たちを育てるのに苦労してきた。

I take great pains to write a paper.
私はレポートを書くのに苦労している。

次のページを読む
1 2 3
Share: