英語の熟語

【英語】1分でわかる!「take the trouble to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「take the trouble to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「苦労を惜しまず〜する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「take the trouble to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。英語を言語学としても勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「take the trouble to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「take the trouble to ○○」には「わざわざ〜する」「苦労を惜しまず〜する」という意味があります。同じ意味の似た表現に「take the trouble of 〜ing」「trouble oneself to」「go to the trouble to」がありますが、1番よく使われるのは「take the trouble to ○○」です。

意味 「わざわざ〜する」

「take the trouble to ○○」はうしろに動詞の原形を伴って「わざわざ〜する」「苦労を惜しまず〜する」という意味になります。冠詞の「the」を忘れないように注意しましょう。

「わざわざ〜する」と聞くとネガティブな意味を思い浮かべがちですが、どちらかというと「わざわざ気をつかって〜する」といったポジティブなニュアンスで使われることが多いです。

それでは例文を見ていきます。

I took the trouble to learn French.
私はフランス語を覚えるのに苦労した。

She took the trouble to drive my son home.
彼女はわざわざ息子を家まで車で送ってくれた。

I took the trouble to go to see her.
私はわざわざ彼女に会いに行った。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「take the trouble to ○○」には複数の使い方があるぞ。同じ意味の同じ単語を使った表現がいくつかあるので合わせて覚えておこう!

熟語「take the trouble to ○○」の言い換えや、似た表現は?

次に「take the trouble to ○○」の言い換え表現を紹介します。

次のページを読む
1 2
Share: