日本史

二世紀から三世紀に存在したとされる「邪馬台国」を戦国通のサラリーマンが徹底解説

よぉ、桜木建二だ。日本の歴史を紐解いていくには、残された書物とそこに書かれた場所が現存していることで明らかにしていく。しかしながら書物で残されていたとしても正確な場所が把握出来ていないことが多くあるようだ。一例を挙げるとすると度々テレビで取り上げられている徳川の埋蔵金は、比較的年代が近いにも係わらず正確な場所が未だに把握されていないな。

そこで今回は正確な場所が把握されていない国だった邪馬台国について歴史マニアである歴史ライターのwhat_0831と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

what_0831

ライター/what

日本の歴史の始まりとされる国造りが行われていた邪馬台国について国の様子から他国との交流などを解説していき自分なりの邪馬台国の位置についても紹介していく。

邪馬台国の成り立ち

邪馬台国の登場は、三国志で有名な魏によって書かれた魏志倭人伝で日本にあったことが確認されております。

魏志倭人伝での邪馬台国

image by PIXTA / 43774845

邪馬台国の名前が登場するのが、230魏年代に魏を収めていた曹氏によって書かれたとする魏志倭人伝に邪馬台国の名前が記載されていました。日本では一世紀から二世紀にかけて全国各地で争いが行われていて男性が王を務めていたと書かれています。

あまりに争いが収束しなかったため女性だった卑弥呼を王として即位させていくと、国の争乱が静まっていきました。倭国は卑弥呼だけでなく弟も卑弥呼に力を貸していたようで、国を収める補佐役として活躍していたようでうす。

倭国自体は三十国が集まり形成されていた国だったようで倭国を中心とした国作りが為されていました。

魏王へ使者を派遣

倭国を収めてはいましたが、同様な国があり狗奴国と対立関係にあったようで卑弥呼だけで日本国を統治してはおりませんでした。当然ながら対立している狗奴国とは争いが行われていたとされています。

狗奴国よりも優位となるために、魏王に使者を送り貢ぎ物を行った結果として親魏倭王に認めらる形となり金印と書状が送られていました。倭国からすると魏国は巨大な国だったことにくわえて卑弥呼が女王となる以前は交流があり魏を後ろ盾にして狗奴国を圧迫する狙いがあったとされています。

しかし魏国からすると倭国はそこまで重要な国ではないと判断されていて書状も上位書式が用いられていなかったようで倭国よりも西方の方を重要視していました。

国の政治

魏志倭人伝では卑弥呼を親魏倭王と認めていた他に、倭国の位置を示す記述もあり倭国を中心として収めていた国や対立していた狗奴国の位置も書かれていました。邪馬台国の位置に関しましては後程、詳しく解説していきます。

国政は農作物を管理し税を徴収する形が取られていて、食料やお金専用の倉を作りそこで保管していました。また作られた食料などは市場で売買されていて大倭という役割者が交易を監視監督をしていたようです。

現代の方法に近い形が既に作られていたようで、今の様にお金が用いられていたことは驚いていますが中国から̠貨銭を真似て製造されて流用していたのでしょう。そして一大率という役割の方々が統治していた国々を視察しており一大率が国を視察しにきた場合は贈り物を披露し忠誠誓っておりました。

魏そして晋との交流

238年に送られた魏志倭人伝以降も魏国とは交流があり倭国の状況についても報告をしていました。何度も貢ぎ物を送っていたことで魏国からも兵を派遣され卑弥呼の手助けを度々しておりましたが、卑弥呼が亡くなった以降も狗奴国との争いは続いていたとされています。

この時の使者として魏国へ派遣されていた者は、朝鮮半島とも交流したとされていて意見交換が行われていたとの記載もありました。266年に魏が滅び晋国が作られていきましたが、魏国同様の交流をしていたようで貢ぎ物があったことが晋書に書かれているので邪馬台国が存在していたとされる三世紀半ばまで行われております。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

魏王にいただいた金印だが現在ではどこに存在しているか不明となっているようだ。

倭国の人々

倭国の人々に関しても記載があり生活風習などが細かく書かれております。倭人の男性は入れ墨を施していたようで、国によって施される場所に違いがあり階級によっても大きさが異なっていました。また身分の高い男性は四人から五人の妻子を持っていて身分の低い者でも二人から三人の妻子がいたようで、一夫多妻制が認められていたようです。

しかし法を犯した者には妻子を取り上げられ重い罪の場合は処刑されていました。妻子に関しては、重きを置かれていて多ければ多いほど権力の証であったようにも思えます。

邪馬台国の女王

邪馬台国と聞いて一番最初に連想される方といえば女王だった卑弥呼が挙げられると思います。倭国の女王だったことははっきりしているのですが、いつ頃に誕生し死去したのかが不明となっており人物像についてもあまり分かっておりません。

ただ鬼道を用いて邪馬台国を含む倭国を統治していたと書かれていて、呪術を扱う巫女のような人物だったのではないかとされています。しかし鬼道についても意見が分かれているようで巫女とする説の他に単に儒教がそぐわない政治体制を指しているのではないかともされていました。

そして女王に即位して以降は、一人の男性だけが宮室に入ることが許されてそれ以外の者達は入ることが許されておりません。宮室の周りには何重もの柵で覆われて兵士が常に滞在して守られていたとされています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

卑弥呼が亡くなったとされるのが248年で、その後を継いだのが卑弥呼の一族と思われる壹與が倭国を収めていくようだ。

邪馬台国の位置と卑弥呼の古墳

image by PIXTA / 48956620

邪馬台国は魏志倭人伝で書かれているところが、邪馬台国であるということは分かっておりますが地理上で正確な場所が判明していないため研究者達の間で討論する歴史となっております。

魏志倭人伝に示された位置

日本書記に魏志倭人伝の引用があり帯方郡から邪馬台国までの距離が一万二千里とされ、各国々を海上沿いに進んでいくと到着するとされています。その移動方法に関しても議論されているところで、連続説と放射説で意見が二分されていました。

連続説は帯方郡から出航し国々を通りながら邪馬台国へ行く説と、放射説は途中まで連続説と同様で伊都国にて分岐し邪馬台国まで行くとする説。そしてこの論争を巻き起こすこととなる文が、投馬国から邪馬台国までが何里の記載ではなく水行で十日と陸続きを一月進むと到着すると書かれている点と不彌国から投馬国までが水行二十日と書かれていることで連続説と放射説が分かれていきました。

邪馬台国は九州に存在

最も有力な一つの説としましては、九州に邪馬台国が存在していたとされております。位置は福岡県糸満市を中心にあり古代中国の帯方郡からの距離で地図で確認すると福岡・大分・宮崎内にあったと推測されているようで、調べて見ると古墳に関してもこの周辺に集中していました。

また日本書記によると同時期に存在が確認されているヤマト王権の勢力外とされているのが北九州の地域で南国の位置している狗奴国も九州地方であると説明がつくとの意見があります。

一方で否定的な意見としましてはこの時代の人口を考古学で分析されており、推定で百万人を超えていたとされていました。これだけの人口数が九州地方だけ納まっていたとは考えにくく九州ではない地方だとする説もあります。

邪馬台国は畿内

九州地方説と比較されているところが近畿地方です。有力視されることの一つが2009年に奈良県の纏向遺跡を調査した結果、巨大建築物が検出され卑弥呼のお墓ではないかと話題になりました。また卑弥呼が魏国へ使者を送り、魏国から送られた物の一つの三角縁神獣鏡が近畿地方にて多く発見されています。

そして巨大な勢力があったと思われる四千枚もの鏡が出土しいずれも卑弥呼が邪馬台国で女王となっていた時期と重なっていました。しかし出土した土器などの炭素年号を調べていくと四世紀頃となっており時期が異なっていることや距離的な問題が生じています。

帯方郡の距離が一万二千里となっているのに対して狗邪韓国までの道のりで七千里かかるとされ、残りの物理的に五千里だけでは近畿地方までたどり着くことが不可能でした。また周辺に存在していた古墳の扱いも粗雑になっているようで、女王を埋葬しているとは思えないとしています。

移動したとされる説

九州説を肯定しつつ邪馬台国自体が、九州から畿内へ移動していったとされる説もあります。これには古代史研究家の古田武彦さんによって提唱された九州王朝の前身が邪馬台国ではないかといわれていました。また倭国の収めていた一部に畿内が含まれていたされ晋書に記載されている東遷とは首都を畿内に移し倭国内部で移動したとされる説もあります。

また移動説以外にも中国説もあり邪馬台国の道順の解釈として水行二十日は九州地方の大陸から中国地方に辿り着いたとする見解もありました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

移動説は東京大学の教授達から多く支持されているようだ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

魏志倭人伝には邪馬台国を示す記述が多数あり、その多さに矛盾が生じてしまっているようだ。一部には帯方郡から邪馬台国の途中に存在していた伊都国よりも南にある国との記述されていて、魏国内だった会稽と東冶の東に位置している場所を見ていくと琉球が邪馬台国に該当しているようだな。

卑弥呼とは何者なのか

image by PIXTA / 44911143

邪馬台国の女王だったことははっきりしていますが、日本書記などには卑弥呼の存在が記載されていないため天照大御神などとする説が江戸時代から議論されていたようです。

日本神話の主神説

image by PIXTA / 46225249

日本最古の歴史書である古事記と日本書記に登場してくる天照大御神が卑弥呼と同一人物であったと推測されており、生きていた時期が重なりあっているようです。また天照大御神は別名として大日孁貴神といい古代ではルをノに古語として扱われ日の女と読み替えることが出来、太陽の巫女を指していてこれが卑弥呼なのではないかと議論されていました。

ただ天照大御神には弟と子供がいることになっているため、魏志倭人伝の内容とは少し異なる部分もあります。また平安時代に伊勢神宮内宮などに奉納されている装束が全て男性の者であることが、書かれていて卑弥呼が天照大御神と同じ存在であれば性別が異なり討論されている説が誤っていることになるでしょう。これにより天照大御神は男性である説が強いとされています。

有力視される日本神話の主神説の問題

問題点が挙げられるところは他にもあり太陽の巫女であるとすると、日の出に政治を行うのが普通であるに対して卑弥呼は日の入になってから政治を行うとあります。これが事実であるとすると太陽神の記述とは違っていて辻褄が合いません。それでも登場境遇が似ているなど部分的に天照大御神と重なるところがあり学者の中では肯定・否定意見で分かれています。

古代日本の皇族説

image by PIXTA / 47834735

日本書紀に基づいて作成された関係図の中に倭迹迹日百襲姫命という天皇家の皇女が登場し、大物主神の妻とされています。倭迹迹日百襲姫命が卑弥呼ではないかと思われる理由に、倭迹迹日百襲姫命が埋葬された古墳が関係していて大物主神が蛇の姿に化けていた時に倭迹迹日百襲姫命が驚きこれを恥じてしまい大物主神は三輪山へ逃げ込んでいきました。その後を追いかけていきましたが、自分の行動に後悔してしまい地面にしゃがみ込んだ際に箸が刺さってしまい亡くなったとされています。

そして倭迹迹日百襲姫命が埋葬されたところが現在の奈良県に存在している箸墓古墳。箸墓古墳が建造されたする時期は三世紀中頃で、卑弥呼が居た時期とも重なることや魏志倭人伝に記載のある径百余歩が箸墓古墳と一致し卑弥呼の家とする説もあります。

邪馬台国の探求

現代に至るまでに邪馬台国の場所や位置については、議論が尽きない話題となっています。当然のことながら今のように地図が存在していたわけではないので、正確な場所の特定となると古代歴史書などを参考にして導き出し歴史を解き明かしていくとになるのでしょう。昔と比較して大きく進化していることが、高性能な機器が製作されていて発掘をしなくても凡その地理が把握することが可能であったり地面に埋まっている物を探知出来るなど優れた機器のおかげ新しい歴史が発見されています。

また歴史学者達だけでなく、脳科学者の中田力さんなどの違った分野からも邪馬台国の新説を打ち立てて邪馬台国の解明をしておりました。時代が経つにつれて歴史の謎は深まっていきますが機器技術の発展や偶然な発見によって邪馬台国の謎が明らかになる可能性もあるかも知れません。この謎が解き明かされた時にはニュースで話題になることは間違いないと思いますので歴史好きとして日々の最新歴史記事に注目をしていきたいと思います。

Share:
what_0831