英語の熟語

【英語】1分でわかる!「prove A (to be) B」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「prove A (to be) B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AがBであることを証明する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「prove A (to be) B」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Moe

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「prove A (to be) B」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「prove A (to be) B」には「AがBであることを証明する」という意味があります。「prove」は「~を証明する」という意味の動詞です。名詞は「proof」となります。「prove A (to be) B」の使い方を例文と一緒に確認してみましょう。

意味「AがBであることを証明する」

「prove A (to be) B」は「AがBであることを証明する」という意味です。Bには名詞だけでなく、形容詞を置くこともできます。名詞を置く際は「to be」が必ず必要ですが、形容詞を置く場合は「to be」は省略しても問題ありません。

「~だと分かる」と訳すこともできますね。刑事系の海外ドラマでもよく使われる表現なので、覚えておくと良いでしょう。

I proved myself to be Japanese.
私は自分が日本人であることを証明した。

I proved myself to be good at soccer.
私はサッカーが得意だということを証明した。

California in winter proved colder than I expected.
冬のカリフォルニアは、私が思っていたよりも寒いことが分かった。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「prove A (to be) B」は「AがBであることを証明する」という意味だ。Bには名詞と形容詞を置くことができ、形容詞を置く場合は「to be」を省略しても問題ないぞ。

熟語「prove A (to be) B」の言い換えや、似た表現は?

「prove A (to be) B」に似た表現として、「turn out to be」があります。また、関連表現は「proof」です。それぞれの表現の使い方を例文と一緒に確認してみましょう。

次のページを読む
1 2
Share:
Moe