日本史明治歴史

日本言語学の父と言われる「バジル・ホール・チェンバレン」イギリス人日本研究家について歴女がわかりやすく解説

今回はバジル・ホール・チェンバレンを取り上げるぞ。明治時代の著名なイギリス人の日本研究者のひとりなんだって、色々詳しく知りたいよな。

その辺のところを外国人の日本研究者に目のないあんじぇりかと一緒に解説していきます。

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女。外国人の日本研究者には興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、バジル・ホール・チェンバレン(について5分でわかるようにまとめた。

1-1、バジル・ホール・チェンバレンはポーツマスの生まれ

バジル・ホール・チェンバレンは1850年10月18日、ポーツマス近郊サウスシーで誕生。父はブラジルで生まれ育ったイギリス海軍少将のウィリアム・チェンバレン、母エリザベス・ジェインはスコットランド低地地方の旧家の出身で、「朝鮮・琉球航海記」の著者のイギリス軍人バジル・ホールの娘。

「日本事物誌」の解説によれば、母はチェンバレンを妊娠中に、胎教のためにギリシャ語とラテン語を学習したということで、そのかいあってチェンバレンは10か国語をこなす天才言語学者となったということ。尚、バジルはギリシャ語のバジリウスから来ていて王という意味があり、日本では王堂と号したそう。

1-2、名門、チェンバレン家

チェンバレンの父方の曾祖父は、第8代ウェストモーランド伯爵の子ヘンリー・フェイン、祖父はその庶子だったので、チェンバレン家初代となったブラジル臨時代理大使などを務めたヘンリー・チェンバレン準男爵という上流階級。

母方の祖父のバジル・ホールは前述のように1816年に軍艦ライラ号の艦長として東洋を探検し、その帰途セントヘレナ島のナポレオンを訪問したという人で、チェンバレンの名はこの祖父にちなんで付けられたということ。チェンバレンが後に来日することになったのも祖父のゆかりの地であったからでしょう。

また、チェンバレンは弟が2人で、ひとりは海軍将校になったが、末弟のヒューストンは後に有名な哲学者となり、有名な作曲家リヒャルト・ワーグナーの娘と結婚してドイツに帰化したので、チェンバレンもワーグナー家と付き合いがあったということ。

1-3、チェンバレンの幼少時代

image by PIXTA / 36067024

チェンバレンは、1856年、8歳の時に母が亡くなったので、弟たちとともにフランスのヴェルサイユに住む父方の祖母アン・ユージニアの元へ送られ、祖母と叔母らに育てられたそう。チェンバレンはそれ以前から、英語とフランス語の両方で教育を受けていたが、フランスではドイツ語も学んだということ。

祖母はリスボン生まれでイギリス人の父とドイツ出身のデンマーク人の母を持ち、夫の赴任地ブラジルで子供たちを生んで育て、帰国後、ヨーロッパ各地で暮らしたという大変国際的な人で、チェンバレンも祖母や叔母らに多大な影響を受けたそう。

チェンバレンはヴェルサイユのリセ(フランスの中学校)に通ったが、健康のために17歳のときに暖かいスペインへ行き、1年滞在、イギリスへ帰国してオックスフォード大学進学を希望するも病弱のため断念し、ベアリングス銀行へ就職。彼はここでの仕事に慣れずノイローゼとなった、または働き過ぎたために眼病と咽喉の慢性疾患にかかり、18歳のとき、親戚が長官を務める地中海のマルタ島へ行き3年保養につとめ、気候が良くなるとギリシャ、チュニス、モロッコやドイツ、オランダその他のヨーロッパ各地を旅行するなどして見聞を広めたということ。

2-1、チェンバレン、遠洋航海後に来日

マルタ島での療養でも健康は良くならず、チェンバレンは医師のすすめで遠洋航海に出ることになり、喜望峰を超えてオーストラリアへ、さらに上海から横浜へとたどり着いたのは、明治6年(1873年)5月、23歳の時。

2-2、チェンバレン、日本語を学習する

Basil Hall Chamberlain.jpg
Original source: http://www.auelib.aichi-edu.ac.jp/lib/cs/collection.html cs.wikipedia からコモンズに sevela.p が移動されました。, パブリック・ドメイン, リンクによる

チェンバレンは東京芝の清竜寺に住み、日本語の勉強を開始。まず日本語の古典を学ぶために元浜松藩士の荒木蕃(しげる)という老武士に英語を教え,荒木からは日本語と古今集を学び,能を鑑賞するように。荒木は当時の駐日イギリス公使館の通訳をしていた日本人の知り合いということ。

その後は、幕臣だった鈴木庸正(建築家三橋四郎の父)に、「万葉集」「枕草子」について教えを受けて、日本語への学問的な関心を深め,狂言や謡曲と研究を広げたうえ、荒木の紹介で天璋院に仕えていた女流歌人で国学者だった橘冬照の未亡人でもある橘東世子(とせこ)から和歌を学んで,東世子の義理の舅にあたる江戸時代後期の国学者橘守部の遺稿も見せてもらったそう。

チェンバレンはその研究成果を,ヴィクトリア朝時代の代表的な教養雑誌である「コーンヒル・マガジン」や,発足間もない日本アジア協会(Asiatic Society of Japan)発行の「アジア協会紀要(Transactions of the Asiatic Society of Japan)」に、いくつかの日本の古語に関する論文として発表。

\次のページで「2-3、チェンバレン、お雇い外国人として海軍兵学校の教師に」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: