この記事では英語の熟語「share A with B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBと共有する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んです。一緒に「share A with B」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「share A with B」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「share A with B」は「AをBと共有する」ことを表します。「share」は「物などを一緒に使う」という意味の動詞です。単語の意味が分かったところで、「share A with B」の使い方を例文と一緒に見てみましょう。

意味 「AをBと共有する」

「share A with B」は「AをBと共有する」という意味です。日本語でも、「シェアする」と使いますよね。Aには共有する物を置き、Bには共有する人を置きます。日常会話でもよく使う基本的な表現です。

I share a house with three friends.
私は3人の友達と家を共同で使っている。

I shared a big chocolate cake with six guests.
私は大きなチョコレートケーキを6人のゲストと一緒に食べた。

I share a car with some people.
私は数人とカーシェアリングをしている。

熟語「share A with B」の言い換えや、似た表現は?

「share A with B」に関連した表現として、「For your information」「Just to let you know that...」「roommate」「roomie」です。それぞれの表現の意味や使い方を例文と一緒に確認をしてみましょう。

\次のページで「関連表現例:「For your information」「Just to let you know that...」を使った表現」を解説!/

関連表現例:「For your information」「Just to let you know that...」を使った表現

「share A with B」に関連した表現として「For your information」「Just to let you know that...」があります。「For your information」は「参考までに」という意味で、「Just to let you know that...」は「お知らせまでに」という意味です。

ビジネスの場で使う表現で、情報共有をしたいときに使います。特に「For your information」は使用頻度が高いので、仕事で英語を使う予定のある人は覚えておきましょう。「For your information」は「FYI」と略されて使うことが多いです。

Just to let you know that I created a new instractions for the system.
そのシステムについての手順書を作成したことをお知らせします。

Just to let you know that I sent you a document.
お知らせまでに、その書類を送りました。

関連表現例:「roommate」「roomie」を使った表現

「share A with B」に関連した表現として、「roommate」「roomie」があります。「roommate」は「一緒に部屋をシェアしている人」という意味です。「roomie」はスラングで、「ルームメイト」を意味します。

ちなみに、海外では若い人はルームシェアをして住んでいることが多いです。ルームメイトを探すウェブサイトに「roomies」というものがあります。

I have 2 roommates.
私は2人のルームメイトと部屋を共有している。

My roomie will come back very late today.
私のルームメイトは今日はとても遅く帰ってくると思う。

熟語「share A with B」を使いこなそう

この記事では熟語「share A with B」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。仕事で英語が必要になる方は、「For your information (FYI)」をまず覚えてみてくださいね。また、日常英語をメインで学んでいる方は、「roommate」=「roomie」と覚えておくと良いですね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「share A with B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – ページ 2 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「share A with B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

関連表現例:「For your information」「Just to let you know that…」を使った表現

「share A with B」に関連した表現として「For your information」「Just to let you know that…」があります。「For your information」は「参考までに」という意味で、「Just to let you know that…」は「お知らせまでに」という意味です。

ビジネスの場で使う表現で、情報共有をしたいときに使います。特に「For your information」は使用頻度が高いので、仕事で英語を使う予定のある人は覚えておきましょう。「For your information」は「FYI」と略されて使うことが多いです。

Just to let you know that I created a new instractions for the system.
そのシステムについての手順書を作成したことをお知らせします。

Just to let you know that I sent you a document.
お知らせまでに、その書類を送りました。

関連表現例:「roommate」「roomie」を使った表現

「share A with B」に関連した表現として、「roommate」「roomie」があります。「roommate」は「一緒に部屋をシェアしている人」という意味です。「roomie」はスラングで、「ルームメイト」を意味します。

ちなみに、海外では若い人はルームシェアをして住んでいることが多いです。ルームメイトを探すウェブサイトに「roomies」というものがあります。

I have 2 roommates.
私は2人のルームメイトと部屋を共有している。

My roomie will come back very late today.
私のルームメイトは今日はとても遅く帰ってくると思う。

熟語「share A with B」を使いこなそう

この記事では熟語「share A with B」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。仕事で英語が必要になる方は、「For your information (FYI)」をまず覚えてみてくださいね。また、日常英語をメインで学んでいる方は、「roommate」=「roomie」と覚えておくと良いですね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share: