英語の熟語

【英語】1分でわかる!「what’s more」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「additionally」「in addition」「moreover」「furthermore」を使った言い換え

「additionally」「in addition」「moreover」「furthermore」を使うと、言い換えることができます。ビジネスや論文などフォーマルな用途で使う場合が多いです。2つの文章の間にカンマで区切って置けますし、1文で区切って「additionally」「in addition」「moreover」「furthermore」を文頭に置くこともできます。

I understand that. In addition, I’ll contact you when I get any updates.
承知致しました。最新情報が分かり次第、ご連絡させて頂きます。

The cause of war is national benefits, furthermore, fear is also one of the reasons why a war happens.
戦争の原因は国益である。さらに、恐怖も戦争が起こる原因の1つである。

I have to create a document, moreover, I have to prepare for a presentation.
私は書類を作らなければならない。さらに、プレゼンテーションの準備もしなければならない。

言い換え例:「plus」「besides」を使った言い換え

「plus」「besides」を使うと、言い換えることができます。友人同士などフランクな場面で使う場合が多いです。文章と文章の間に置いても良いですし、1文で区切ってから、「plus」「besides」を文頭に置いても問題ありません。

I rode a horse, plus, I clean his room.
私は馬に乗った。さらに馬の部屋も掃除した。

I ran, besides, I did exercise with a weight.
私はランニングを行った。さらに、ウェイトトレーニングも行った。

熟語「what’s more」を使いこなそう

この記事では熟語「what’s more」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。ビジネスの場で使える表現と、日常会話で使える表現は異なるので注意をしたいですね。仕事で英語が必要な方は、場面に合わせた表現を使えるようにしてみてください。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share: