英語の熟語

【英語】1分でわかる!「what’s more」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「what’s more」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「その上さらに」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んです。一緒に「what’s more」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「what’s more」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「what’s more」は「その上さらに」という意味です。「what」は「何」という代名詞としての意味や「~すること」といった関係代名詞としての意味もあります。「more」は「もっと多くの」や「それ以上の」ということを表す形容詞です。

意味「 その上さらに」

「what’s more」は「その上さらに」という意味です。ポジティブなニュアンスとネガティブなニュアンスの両方に使えます。ネガティブな意味合いで使う時は、「what’s worse」とも言えますよ。また、「what’s more」は話し言葉で使えますが、書き言葉では使えないので注意が必要です。

She’s good at drawing, and what’s more she’s good at design.
彼女は絵が得意で、さらにデザインも得意だ。

The train was delayed, and what’s more I was late for school.
電車は遅れた。その上さらに、学校にも遅刻した。

I won a competition, and what’s more I got a job.
私はコンテストで優勝した。その上さらに、仕事ももらった。

熟語「what’s more」の言い換えや、似た表現は?

「what’s more」の言い換え表現として、「additionally」「in addition」「moreover」「furthermore」「plus」「besides」があります。それぞれの表現の使い方を例文と一緒に確認してみましょう。

\次のページで「言い換え例:「additionally」「in addition」「moreover」「furthermore」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: