世界史

ルイ14世とマリア・テレサ結婚のきっかけ「ピレネー条約」とは?経緯やその後を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回はピレネー条約についてだ。

ピレネー条約とは、三十年戦争後もフランスとスペイン間で続いた戦争に終止符が打たれた条約なんだ。この条約によって敗戦国スペインから王女、マリア・テレサがフランスのルイ14世のもとに嫁ぐことになった条約でもある。

しかしなぜピレネー条約が結ばれることになったのかの経緯やその後について歴女のまぁこと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

totocco0630

ライター/まぁこ

世界史が大好きなアラサー歴女。特にヨーロッパの王家に関する書籍を愛読中!今回は三十年戦争後も継続されたフランス、スペイン間で結ばれたピレネー条約について解説していく。

1 三十年戦争

image by iStockphoto

フランスとスペインが争うことになったきっかけは1618年から始まった三十年戦争でした。ここではピレネー条約を両国が結ぶきっかけとなったこの戦争について解説していきます。

1-1 三十年戦争とは

最大にして最後の宗教戦争と呼ばれている三十年戦争。この戦争の背景には、ドイツの宗教対立がありました。もともとは神聖ローマ帝国領内の紛争が次第に他国の介入により、ハプスブルク家率いるカトリック勢力とプロテスタント勢力の戦争となることに。更にヨーロッパの覇権を巡ってカトリック国のフランスが同じくカトリック国のスペインに対して宣戦布告する事態となりました。

三十年戦争は大きく分けて4つの段階に分けられ、ボヘミア・プファルツ戦争デンマーク・ニーダーザクセン戦争スウェーデン戦争フランス・スウェーデン戦争と呼ばれることに。では1つずつ見ていきましょう。

1-2 ボヘミア・プファルツ戦争

三十年戦争のきっかけとなったのは、プラハで起こった窓外放擲事件。これはボヘミアの新王となったフェルディナント信仰の自由を認めないとしたため、それに怒ったプロテスタント貴族らがプラハ城に押し寄せて、2人の役人を窓から突き落とした事件。当初神聖ローマ皇帝のマティアスは内戦を避けようと試みますが、フェルディナントらの反対に遭い断念。その後失意のうちに亡くなりました。

情勢を見ていたボヘミア側はチェコやオーストリアの一部の貴族らと連合を結び、フェルディナントの廃位を宣言。そして彼の代わりにプファルツ選帝侯フリードリヒ5世を選出。更にハンガリーとも同盟を結びました。対する皇帝側は初めのうちは苦戦するものの、ポーランド、スペインからの援軍や援助、バイエルン(カトリック勢力)からの加勢によって優位に戦いを進め、勝利しました。

1-3 デンマーク・ニーダーザクセン戦争

自信をつけたフェルディナントはバイエルンを誘って、北ドイツへ侵攻することに。これに対してデンマーク王のクリスチャン4世プロテスタントの保護を掲げて参戦。ちなみにデンマークのバックにはフランス、オランダの影が。これはハプスブルク家の勢力拡大に危機感を感じていたため。

戦況は皇帝側にヴァレンシュタイン率いる軍とティリーが率いる連盟軍とデンマーク軍が激突。4年ほど続いた戦争はフェルディナント側の勝利に終わることに。

1-4 スウェーデン戦争

2つの大きな戦争に勝利したフェルディナントは、再カトリック化と皇帝絶対主義を掲げて、1629年に復旧勅令を出しました。これはアウクスブルクの宗教和議で決めた内容を反故にしたもので、これによって更に戦争が長引くことに。

スウェーデン戦争はその翌年に起こりました。フェルディナントの出した復旧勅令は宗派を問わず非難されることに。皇帝はこの勅令の撤回だけでなく、ヴァレンシュタインの罷免までも求められます。皇帝は一部の要求を受け入れ、ヴァレンシュタインを罷免。しかしそんな中でスウェーデン王、グスタフが参戦。スウェーデン軍は次々に勝利を重ね、ついにドイツ南部まで進出することに。これに焦ったフェルディナントはヴァレンシュタインを再度起用。両者はリュッツェンで戦い、スウェーデン軍が勝利。ところがグスタフが戦死したことで統制が取れずに崩れていくことに。しかし皇帝側もヴァレンシュタインが勝手に敵国と和平を結ぼうとして皇帝に処刑されることに。両者の陣営はゴタゴタすることになりますが、先に立て直すことに成功したのはフェルディナント側でした。スペインからの援軍を得ることができ、1634年のネルトリンゲンの会戦で大勝しました。

1-5 フランス・スウェーデン戦争

こうしてカトリック勢力とプロテスタント勢力の戦いは終結するかと思いきや。なんとカトリック国のフランスがスペインに対して宣戦布告することに。ここから三十年戦争は宗教対立からヨーロッパの覇権をかけた戦争という様相を呈します

戦況は次第にハプスブルク家側が劣勢となることに。しかしなかなか決着がつかないことから次第に厭戦気分が高まり、次々に宣戦離脱する諸侯が目立つようになってきました。スペインではカタルニャの蜂起ポルトガルの独立などによって勢力は後退していくことに。こうして和平交渉に向けて交渉が始まることになりました。

1-6 なぜフランスはプロテスタント側についたのか?

フランスはアンリ4世のナントの勅令によってユグノー教徒らが国内にいましたが、もともとカトリック国。それにも関わらずなぜ同じカトリック国のハプスブルク家と刃を交えることになったのでしょうか。これはリシュリューの策であったと言われています。リシュリューは政策において「国家理性(レゾン・デタ)」を推進。これは国家の利益を1番の目的とし、そのためなら宗教や倫理的な問題は多少犠牲にしても仕方ないという考え方です。

そのためフランスは影でプロテスタント国の援助などを行っていたんですね。そして1635年にプロテスタント側が不利な状況とみるや否やオランダとスウェーデンと同盟を更新。更に宿敵スペインに対して宣戦布告したのです。

1-7 戦争の惨禍

The Hanging by Jacques Callot.jpg
ジャック・カロ – から Hello world (トーク · 投稿記録), 2015年10月11日, パブリック・ドメイン, リンクによる

これはジャック・カロの版画作品「絞首刑」。この版画は、盗みを働いた傭兵を傭兵隊長が処刑している様子。当時の軍は傭兵がメインで、彼らは度々戦場で略奪を行っていました。略奪行為が度を越さないように歯止めをかけるために行われていた処刑ですが、実際には上官たちだけで略奪品を得るために殺していたとも。戦争では人の精神も荒廃していくことを鋭く指摘していますね。他にもカロは「施療院」や「農場の掠奪」など戦争の悲惨さを伝えています。

ドイツを主戦場として起こった三十年戦争。この長きにわたり続いた戦争によってドイツは荒廃。そしてペストの影響もありましたが、長い戦争の間の死者は400万~500万とも言われています。この数は当時の人口の実に25%に当たり、いかに多くの命が奪われたか分かりますね。

2 ウェストファリア条約が締結されるも…

長い戦争の末、ついに講和条約が結ばれることに。さて三十年戦争で結ばれたウェストファリア条約、フランス、スペイン間で結ばれたピレネー条約は一体どんな条約だったのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

2-1 ウェストファリア条約までの道のり

ハプスブルク家(カトリック勢力側)の敗北によって結ばれることになったウェストファリア条約。ちなみに条約に関する話し合いの場が2か所(ミュンスター市とオスナブリュック市)で開かれることに。しかしフランスの参加が遅れたことや、神聖ローマ皇帝とドイツ諸侯の間で揉めるなどしたため、会議は2年後の44年に始まりました。そして会議には、戦勝国のフランスとスウェーデン、神聖ローマ皇帝、オランダ、66ものドイツ諸侯、スペインが参加することに。

2-2 ウェストファリア条約の内容

この条約では以下の4つのことが決定されることに。まず1つ目がアウクスブルクの宗教和議の再確認。これによって新教(プロテスタント)やカルヴァン派が認められることに。三十年戦争が最大の宗教戦争だったことから、後年に同様の戦争が起こらないようにしたんですね。2つ目がドイツの諸侯に関するもの。300もの諸侯がそれぞれ主権国家(立法権や外交権、課税権を持つ)と認められることに。このことから神聖ローマ帝国が事実上解体されたとされていますが、近年の研究から実際には神聖ローマ皇帝の制度は100年ほど継続されてきたことから見方が変化しています。3つ目は戦勝国であるフランスとスウェーデンがそれぞれ領土を獲得。(フランスは大部分のアルザス地方、スウェーデンは北ドイツのポンメルン)4つ目は、オランダとスイスの独立が認められることになりました。

しかしウェストファリア条約では、フランスとスペインは条約を結びませんでした。そして会議中も戦争は継続されることに。そして神聖ローマ皇帝はウェストファリア条約を結んだことで、スペインへの援助をすることは禁止されてしまうことに。

2-3 ピレネー条約を締結

Traite-Pyrenees.jpg
Jacques Laumosnier – http://www.altesses.eu/imgmax/2d82273f8e.jpg, パブリック・ドメイン, リンクによる

ウェストファリア条約から10年後に両者は決着がつくことに。砂丘の戦いでフランスが勝利しました。

さて、三十年戦争後にフランスとスペイン両国で締結された条約はどのような内容だったのでしょうか。この条約でフランスはスペインからフランドル地方の一部とアルトワ、ピレネー山のルシヨン伯領を獲得することに。更にフランスはスペインに対して賠償金を求めない代わりに、マリア・テレサとフランスのルイ14世の婚姻が決定されました。マリア・テレサは持参金50万エキュを支払うこと、2人の間に生まれた子どもにはスペインの継承権はないことが明示されることになりました。これに対してスペインはカタルニャやポルトガルの問題についてフランスが干渉しないという取り決めがされた程度。かつては日の沈まぬ国と謳われたスペイン王国も国力が低下してきたことが分かりますね。

2-4 流行遅れのスペイン・モード

この作品はスペイン宮廷画家、ベラスケスによる14歳のマリア・テレサ。(タイトルは「マリア・テレサ」)ウエスト部分から2つの時計を下げていることから別名「二個の時計を下げた肖像」とも呼ばれています。彼女が着ているドレスにはファージンゲールと呼ばれる左右へスカートを広げる枠があり、時計を付けるというよりはスカートに置いているような着こなし。かつてはスペイン・モードと呼ばれた、このファージンゲール入りのドレスや頭部をリボンで派手に飾るスタイルは、すでに流行遅れと見做されていました。ピレネー条約やその後嫁いだ際もこのドレスをマリア・テレサが着ていたため、フランスの宮廷人の冷笑の的となることに。

3 マリア・テレサがもたらしたもの

マリア・テレサはピレネー条約によりフランスのルイ14世との結婚。しかし彼女の結婚生活は言葉の壁に苦しみ、王の女性問題に耐え続けることに。3男3女に恵まれましたが、無事に成人したのは長男のみ。そして44歳でこの世を去ったマリア・テレサでしたが、後にフランスに大きな贈り物をもたらすことに。

3-1 スペイン・ハプスブルク家の断絶

フェリペ4世の死後、王位を継いだカルロス2世。しかしこれまでのハプスブルク家の血族結婚によって身体的・精神的な重い疾患を患うことに。カルロスは片足を引きずって歩き、常によだれを垂らしていたそう。フェリペはそんな息子を恥に思い、人前に出す際には彼にベールを被せさせたそう。

早死にするだろうと言われていたカルロスでしたが、39歳まで生き延びることができました。しかし各国はカルロス亡き後のスペイン王座を巡って、情報収集をしている状況。そして後継者の有力候補として、オーストリア・ハプスブルク家とフランスが名乗りを上げることに。

3-2 なぜルイ14世は継承に口出ししたのか?

しかしピレネー条約ではルイとマリアの間に生まれた子(子孫)はスペインの王位継承権はないとされていたはず。どうして彼はスペイン継承に名乗りを上げることになったのでしょうか。実はマリア・テレサが嫁ぐ際の持参金が実際にはなかったため。そのためルイはこの条約は無効であり、スペインの新たな王にはマリアの血が流れている孫のフェリペがスペイン王にふさわしいと主張することに。

3-3 スペイン継承戦争へ

Felipe V de España.jpg
ジャン・ランク[2], パブリック・ドメイン, リンクによる

さてスペイン継承の行方はどうなったのでしょうか。

カルロス2世はフランスとスペインが1つの国にならないことを条件に、ルイの孫フェリペを後継者とする旨の遺言を残していました。これで一見落着…と思いきや、なんとフェリペはフランスの王位継承権を放棄せず。この継承に対しもともと反発していたオーストリア・ハプスブルク家、更にイギリスとオランダは同盟を結び、スペイン継承戦争が始まることに。しかし13年の戦争の中で状況は変化しました。スペイン王候補だったオーストリア・ハプスブルク家のカールが皇帝となることに(カール6世)。これに対し、仮にカールがスペイン継承戦争に勝利しスペイン王となればかつてのカール5世のように強大な帝国が作られることになることを警戒したイギリス、オランダ。こうして戦況では劣勢となっていたフランスとスペイン連合でしたが、大きな代償を払ってブルボン家のフェリペが5世として正式にスペインを継承することになりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

スペイン継承戦争ではヨーロッパ大陸だけではなく、アメリカの植民地でもイギリスとフランスは戦うことになったんだ。この戦いはアン女王戦争と呼ばれ、1713年にイギリスとフランス間でユトレヒト条約が結ばれた。そして1年後にはフランスとオーストリア間でラシュタット条約が締結され、正式にスペイン王位はフェリペ5世と決まったんだ。だがフランスは永久的にスペインと合同することを禁止され、更にアン女王戦争での敗北により多くの植民地を手放すことになったんだ。

スペイン王座に君臨したフェリペ5世

ピレネー条約とは、三十年戦争の最中にフランスがヨーロッパの覇権を巡ってスペインに宣戦布告し、三十年戦争後に終結した戦争の講和条約。この条約によってフランスの勢力が拡大し、反対にスペインは没落していくことが決定的となることに。更にフランスのルイ14世とスペイン王女マリア・テレサの婚姻が決定されました。

こうしてフランスに嫁いだマリア・テレサでしたが、ルイは彼女のことをほとんど顧みることはなかったそう。3男3女を授かり、ルイ14世を慕っていたマリア・テレサ。彼女の死の知らせを聞いたルイは「彼女が余に迷惑をかけたとはこれが初めてだ」と言ったそう。とても悲しいですね。

マリア・テレサの死から17年後に彼女はフランスに大きなプレゼントをすることに。フェリペ4世はピレネー条約で定められた持参金を彼女に持たせることができなかったことから、ルイ14世は条約の無効と孫の継承権を主張。そしてスペイン継承戦争でスペインの王座にフェリペを座らせることができました。

Share:
totocco0630