英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be reluctant to ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be reluctant to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「Vする事をしぶる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「be reluctant to ○○」の意味や例文を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

熟語「be reluctant to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「reluctant」は「しぶしぶの」という意味の形容詞で、後ろに「to」と動詞の原型を伴って「be reluctant to ○○」で「Vする事をしぶる」という意味の熟語になります。何かをやりたくない、気が進まない、嫌だと思っている状態を表すフレーズです。それでは例文と一緒に実際の使い方を見ていきましょう。

意味「Vする事をしぶる」

「be reluctant to ○○」は何かを積極的にやる様子ではない、気が進まない様を表現します。

三つ目の例文の様に、be動詞の代わりに「seem」「feel」「look」といった、状態を表す動詞が使われていても意味は一緒です。

Although I was reluctant to go to the party, I ended up having a good time there.
パーティに行くのは気が進まなかったが、結局はそこで楽しい時間を過ごした。

It’s already time to leave, but I’m very reluctant to go outside because it’s raining.
もう家を出なければいけない時間だが雨が降っているので外に出るのをしぶる。

He seemed reluctant to get involved in a conversation.
彼は会話に加わるのをしぶっている様だった。

熟語「be reluctant to ○○」の言い換えや、似た表現は?

「be reluctant to ○○」は「unwilling」「hesitant」「disinclined」といった語句で言い換えができます。

\次のページで「言い換え例:「unwilling」「hesitant」「disinclined」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: