日本史

藤原氏の繁栄を後世に繋げた「藤原四兄弟」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

よぉ、桜木健二だ。藤原氏といえば、平安時代に大権勢を誇った一族として有名だな。

その藤原氏の栄華の礎を築いたのが奈良時代に活躍した「藤原不比等」だった。今回テーマにする「藤原四兄弟」は彼の息子たちだ。この兄弟それぞれに家を継がせて「藤原四家」ができたんだぞ。

今回はこの「藤原四兄弟」をテーマに歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。奈良時代について調べたついでに、今回は「藤原四兄弟」にスポットライトを当て、さらに詳しく解説していく。

1.藤原氏の祖「中臣鎌足」と「藤原不比等」

image by PIXTA / 37811661

「藤原」姓を賜った「中臣鎌足」

そもそもの「藤原氏」の始まりは、「蘇我氏」が朝廷を牛耳っていた飛鳥時代にさかのぼります。当時、政敵だった物部氏を「丁未の乱」によって滅ぼし、蘇我氏が天皇よりも強い実権を握る事態となっていました。その権力はすさまじく、仲違いをした崇峻天皇を暗殺したり、その次の天皇を蘇我氏が指名して、それがかなってしまうくらいです。

そんな横暴な蘇我氏に対して立ち上がったのが「中臣鎌足(なかとみのかまたり)」と「中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)」でした。ふたりは結託して仲間を集めると、蘇我氏の長「蘇我入鹿」に嘘をついて呼び出し暗殺してしまうのです。これを「乙巳の変」といいます。

朝廷から蘇我氏の一大勢力がいなくなり、以降、中臣鎌足は中大兄皇子の側近として一生を過ごしました。その功績によって中大兄皇子(天智天皇)から賜ったのが「藤原」の姓だったのです。

「藤原」を継いだ不比等

しかし、中臣鎌足は「藤原」姓を賜った翌日に亡くなってしまいます。このとき、中臣鎌足の息子・藤原不比等(ふじわらのふひと)はわずか11歳。さらに13歳のときに、天智天皇の後継の座を巡って、大海人皇子(天武天皇)と大友皇子が争った「壬申の乱」が起こります。藤原不比等自身は乱に関わるがなかったため、功績も処罰もありませんでしたが、朝廷内から中臣氏が一掃されて、藤原不比等は同族の後ろ盾を失ってしまうのです。

こうして、藤原不比等の政治家としての人生は予想外にも下級役人から幕を上げたのでした。しかし、藤原不比等は自らの力で道を切り開き、天武天皇の即位や「大宝律令」に尽力して朝廷内での政治的立場を強めていったのです。

藤原不比等と長屋王

藤原不比等は自分の娘たちを有力な皇族や貴族に嫁入りさせて親戚関係を作っていました。奈良時代、久しぶりに即位した男性の天皇だった聖武天皇の母親は藤原不比等の娘・宮子であり、彼の夫人もまた藤原不比等の娘・光明子だったのです。

ここで藤原不比等は聖武天皇の夫人にした光明子を皇后にしようとしました。この時代では皇族の出身ではない女性は奥さんにはなれても、皇后にはなれませんでした。皇后は必ず皇族の血を引いた特別な女性に限るのです。当然、藤原不比等のこの暴挙には強い反発が起こりました。特に猛反対したのが「長屋王(ながやおう)」です。

長屋王は当時若かった聖武天皇の代わりに政治を担当した有力者であり、藤原不比等に次ぐ権力者でした。おまけに天智天皇と天武天皇両方の血を引く特別な皇族でもあります。その血のため、長屋王の夫人として藤原不比等の娘・藤原長娥子を嫁がせており、親戚関係を結んだ間柄でもありました。うーん、複雑……。

両者にらみ合ったまま、しかし、藤原不比等は娘の皇后にする野望を果たせないまま病死してしまいます。藤原氏にとってこの不比等の死はとても大きな痛手となったのでした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「乙巳の変」や「大化の改新」などさまざまな功績によって「藤原」の姓を賜った「中臣鎌足」から始まり、「藤原不比等」の立身出世によって藤原一族は最初の黄金期を迎える。しかし、藤原不比等が亡くなったとき、息子たちはまだ若くて、長屋王と真っ向から勝負できる地位ではなかったんだ。それでどんどん長屋王に押されはじめるわけだが、それは次の章を見てくれ。

2.藤原四兄弟VS長屋王

image by PIXTA / 15447807

藤原不比等には四人の息子がいました。彼らが今回テーマとなる「藤原四兄弟」で、上から武智麻呂(むちまろ)、房前(ふささき)、宇合(うまかい)、麻呂(まろ)です。読み方が難しい名前がふたりいますね、気を付けてください。

藤原不比等は生前にこの四兄弟にそれぞれ家を継がせて「藤原四家」という家系の祖にしました。長男・武智麻呂が藤原南家、次男・房前は北家、三男・宇合は式家、四男・麻呂は京家です。

躍進する長屋王政権

藤原不比等の死により、朝廷内のパワーバランスが崩れてしまいます。というのも、彼の息子たちはまだ長屋王に真っ向から対抗できる位にはなく、長男の武智麻呂がやっと中納言、次男・房前が参議と、右大臣に叙任された長屋王に手が届くはずがありません。

皇族を主体とする勢力を率いた長屋王に藤原四兄弟は圧倒され、政治の主導を取られてしまいました。ちなみに、「三世一身法」は長屋王が打ち出した政策のひとつです。

image by PIXTA / 36890237

「三世一身法」

人口増加によって民に貸し与える「口分田」が不足したため、人々に土地の開墾を促すためにつくられた法。土地を開墾したものには、その褒美として孫の代までの三代に限って私有地にしてもよいとした。

しかし、奈良時代の平均寿命は30歳前後と長くなく、苦労して手に入れた土地もすぐに朝廷に取り上げられることとなる。そのため、「三世一身法」はあまり成果をあげられなかった。

由緒正しい長屋王の血筋

ところで、長屋王は藤原不比等の娘・藤原長娥子を夫人のひとりとしていますよね。藤原四兄弟にとって長屋王は義理の兄弟ということになります。なのに、なぜ藤原四兄弟と長屋王はここまで対峙することになったのでしょうか?

ここでもう一度長屋王の血筋について思い出してみましょう。彼の父は天武天皇の長男、母は天智天皇の娘で、いとこ同士の結婚によって長屋王が生まれます。長屋王本人は天智天皇、天武天皇兄弟の孫ですね。さらに、長屋王の妃には元正天皇の妹・吉備内親王とどこを見ても皇族しかいません。

由緒正しい血統で、しかも長屋王は政治能力に長けていました。藤原不比等もそういうところを見込んで娘を嫁入りさせているので、ある意味お墨付きというわけです。朝廷内ではそんな長屋王に政治のトップにいてほしいという雰囲気もあったわけで。

当然、藤原四兄弟としてはおもしろくありませんよね。さらに長屋王が藤原氏の面目を潰す「辛巳事件」なんてことも起こり、藤原四兄弟たちはどうにかして長屋王に対抗できないかと頭を悩ませていました。

陰謀渦巻く「長屋王の変」

朝廷で長屋王にやり込められるなか、ここで藤原氏にとって大ニュースが飛び込んできました。なんと、聖武天皇と光明子の間に男の赤ちゃんが生まれたのです。聖武天皇はさっそくこの基王(もといおう)を皇太子に指名して、次の天皇と決めました。

もちろん、この異例の早さの指名に長屋王はとても不満があったようです。基王が将来天皇になれば、せっかく抑え込んでいた藤原氏がまた盛り返してしまいますしね。長屋王としても、また何か考えなければなりません。

それぞれの思惑が渦巻く基王の誕生でしたが、ここでかわいそうなことに基王は一歳になる前に亡くなってしまいます。これは再び藤原氏にとって大きな痛手となるはずでした。

しかし、藤原氏の怖いところというべきか、基王の死すらも利用することにしたのです。彼らは「基王が亡くなったのは、長屋王が呪いをかけて殺したからだ」ととんでもない言いがかりをつけ、長屋王を責めます。呪いで人が死ぬなんて現代だと証明できませんよね。証拠不十分です。けれど、ここは奈良時代。まだまだ神秘や迷信が信じられている次代ですから、呪いも有効だとされています。

そうして、いわれない罪で責められた長屋王は自害に追い込まれてこの世を去りました。この一連の事件を「長屋王の変」といいます。

日本史上初、皇族の血を引かない皇后

image by PIXTA / 37183825

長屋王の死後、光明子の皇后即位に反対するものはいなくなり、彼女は父・藤原不比等の念願だった皇后となったのでした。これが日本史上初の皇族の血を引かない皇后の誕生です。

また、藤原四兄弟も最大の政敵がいなくなり、四人全員が公卿に出世します。そうして、729年から737年までの間、朝廷の政治を主導しました。これを「藤原四子政権」といいます。

長屋王の怨念か?天然痘の大流行

朝廷を掌握した藤原四兄弟でしたが、737年に日本で天然痘が流行し始めます。これによって約100万人から150万人が亡くなったとされ、藤原四兄弟たちもまた天然痘に相次いで感染し、亡くなってしまいました。藤原四兄弟の死によって短い「藤原四子政権」は幕を下ろすこととなったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「長屋王の変」で宿敵だった長屋王を追い落とし、やっと政権を握った藤原四兄弟だったが、それも天然痘の流行で長くは続かなかったんだな。

3.藤原四兄弟の子孫たち

image by PIXTA / 57734117

光明皇后の加護に左右された南家

藤原四兄弟亡きあと、光明子によって登用された橘諸兄(たちばなのもろえ)が朝廷の中心となりました。しかし、藤原武智麻呂の跡を継いだ藤原仲麻呂は讒言によって橘諸兄を排除すると、その復讐として乱を起こそうとした橘諸兄の息子・橘奈良麻呂を未然に捕縛します。その際に、藤原仲麻呂にとって邪魔な人物を全員失脚させたり、左遷させたりして、藤原仲麻呂一強の朝廷をつくりました。そうして、藤原仲麻呂は淳仁天皇を傀儡とした独裁政権をはじめたのです。そのときに名前を恵美押勝(えみのおしかつ)と改めます。

しかし、藤原仲麻呂の勝手が通ったのはそのバックに光明皇后(光明子)の存在があったからこそ実現できたもの。光明皇后が亡くなると、その権勢は徐々に衰え始めます。そうして、孝謙上皇の寵愛を受けた僧侶・道鏡が台頭し始め、とうとう我慢ならなくなった藤原仲麻呂が乱を起こしました。それが「藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱」です。乱は失敗に終わり、以降、南家の勢力が朝廷で藤原仲麻呂ほど振るうことはありませんでした。

一番の大繁栄・北家

四家の中で最も繁栄したのが、次男・藤原房前の北家です。南家、式家の隆盛のあとに続くように興隆が始まり、徐々に他家を圧倒するようになりました。

そして、かつて藤原不比等がしたように天皇の外祖父となり、北家の地盤を盤石なものへとしていったのです。

歴史ではよく「摂政関白」と耳にしますが、北家は藤原氏の代表「氏長者(うじのちょうじゃ)」となり、さらに「氏長者=摂政関白」という図式を確立したのでした。

「藤原薬子の乱」まで強かった式家

「藤原薬子の乱」まで強かった式家

式家で最初に名前が出てくるのは、藤原宇合の息子・藤原広嗣です。しかし、彼はその素行の悪さから大宰府へと左遷され、当時政界のトップだった橘諸兄に不満をためて「藤原広嗣の乱」を起こします。

乱は順当に平定されるのですが、ここで終わらなかったのが式家。藤原広嗣の弟・藤原百川は苦い年月に耐えて光仁天皇を擁立すると、孝謙天皇亡きあとの道鏡らに代わって朝廷の主導を握ります。そうして、平安時代初期にむかって式家は繁栄を極めていきました。

しかし、この式家の栄華はそこまで。平安時代、式家の出身で平城天皇の寵愛を受けた藤原薬子と、その兄・仲成たちが企てた「薬子の変(平城太上天皇の変)」によって断罪されると、式家はまた他家に押されていくのでした。

儚い京家の命運

四家のなかで一番儚かったのが京家でした。四男・藤原麻呂の家系は子女が少ない上に、若死も多かったのです。それでもなんとか参議にまで出世した嫡男・藤原浜成が、自身の娘の夫が起こした「氷上川継の乱」で連帯責任をくらって解任されてしまいます。そのために、以後、京家は政治の場で活躍することはありませんでした。

その代り、平安時代の前半に琵琶や和歌、儒学者など文化や芸術面で優秀な人材を輩出しています。

やがて朝廷を掌握する藤原氏

奈良時代から平安時代にかけて朝廷で特に権勢をふるった藤原氏。教科書の索引を見ると、藤原姓の人がたくさんいますね。それほど多くの政治家たちを排出し、天皇とともに日本を支配してきた一族なのです。

Share:
riri_ririco