奈良時代日本史歴史飛鳥時代

藤原氏の栄光の礎を築いた「藤原不比等」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

よぉ、桜木健二だ。平安時代の政治家「藤原道長」で有名な藤原氏だが、実はその起こりは飛鳥時代にまでさかのぼるのを知っているか?そんな昔から権力の中枢に入り込み、長く権勢を誇ることになる。

今回はその藤原氏を飛躍させた「藤原不比等」を、歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。奈良時代について調べたついでに、今回は「藤原不比等」にスポットライトを当て、さらに詳しく解説していく。

1.日本史上最大の氏族「藤原氏」の前身「中臣氏」

image by PIXTA / 2483442

朝廷における中臣氏の役割

日本史上最大の氏族「藤原氏」を解説するにあたって、まず一番最初に話さなくてはならないのが、「藤原氏」が「藤原」を名乗る前の姓「中臣(なかとみ)氏」です。なかなか特徴的な苗字なので「中臣」の姓を持つ重要人物が記憶に残っている人もいるかもしれませんね。そう、ここでいう「中臣氏」とは、「乙巳の変」で蘇我入鹿にクーデターを起こし、「大化の改新」の中心人物となった「中臣鎌足(なかとみのかまたり)」を排出した氏族をさします。

「中臣氏」はもともと神祇官といって、朝廷の中でも神事に関わる役職を継ぐ家でした。「神祇」というのは、天神地祇の略で、天皇の祖先にあたる天照大神や土地ごとの神々のこと。つまり、神祇官は日本神話の神々をお祀りする役職のことでした。

飛鳥時代のドン、蘇我一族

神祇官の一族だった中臣氏に転機が訪れたのは飛鳥時代、「蘇我氏」が朝廷で専横を極めていたころのことです。

蘇我氏は朝鮮半島の国「百済」から伝来した仏教を崇拝していました。仏教の伝来当時は、これを信仰するかしないかという論議が朝廷内で激しく争われ、結果、廃仏派(仏教に反対する派閥)の代表だった物部氏が蘇我氏によって滅ぼされたのです。最大の政敵を倒した蘇我氏にもう敵うものはいませんから、朝廷内でもやりたい放題ですね。特に聖徳太子が亡くなったあとともなると、当時の蘇我氏の長「蘇我入鹿」は聖徳太子の一族もろとも自害に追い込んで滅ぼしてしまったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco