日本史歴史鎌倉時代

朝廷と幕府の権力争い「承久の乱」について元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

後鳥羽上皇の決意

image by PIXTA / 50952849

西面武士の襲撃

まだ2歳の幼児に将軍が務まるはずはなく、ひとまず代わりとして北条政子が将軍を務めます。尼将軍と呼ばれる北条政子でしたが、立て続けに将軍が暗殺されて後継者がいない幕府は混乱しており、そこで後鳥羽上皇はこの機会に幕府を倒してしまおうと考えるようになりました。

皇族を将軍にすることを提案されて揉め、また朝廷に年貢を納めない武士も存在。何より、日本で最も高い地位に君臨する天皇を差し置き、武士が大きな顏をしている現状が許せなかったのでしょう。「西国だけでなく東国も支配して今一度朝廷が権力を握る時代を取り戻す!」……それが後鳥羽上皇の本心でした。

1219年、藤原頼経が将軍として鎌倉に入って間もない頃、大内裏守護で朝廷・幕府の仲介を務めていた源頼茂が襲撃される事件が起こります。実行したのは西面武士(さいめんのぶし)と呼ばれる後鳥羽上皇に仕える武家集団、追い詰められた源頼茂は自害したそうです。

倒幕への思い

源頼茂の襲撃を指示したのはもちろん後鳥羽上皇、その理由は源頼茂が将軍に就くための策某を練っていたためです。しかしそれはあくまで表向きの理由であり建前、実際には後鳥羽上皇が鎌倉幕府滅亡の加持祈祷を行ったことを源頼茂が察知したためと言われています。

後鳥羽上皇が鎌倉幕府滅亡の加持祈祷を行ったと幕府に知られれば、当然幕府は後鳥羽上皇の倒幕の企みに気づくことでしょう。そのため情報の洩れを危惧した後鳥羽上皇が先手を打って襲撃したのではないかとされています。事実、加持祈祷を行った最勝四天王院はこの事件の直後に取り壊されていました。

源頼茂襲撃は、後鳥羽上皇にとって覚悟を決めるきっかけとなったのでしょう。そのため後鳥羽上皇は事件後に倒幕を決意、しかしこれに反対したのが後鳥羽上皇の第一皇子・土御門上皇(つちみかどじょうこう)で、摂政・近衞家実らもこれに同意見でした。

1221年5月・承久の乱

image by PIXTA / 2304756

後鳥羽上皇の院宣

後鳥羽上皇の倒幕の決断には朝廷でも賛否両論あり、賛成派として積極的に行動したのが後鳥羽上皇の第三皇子・順徳天皇でした。討幕推進派を結成するほどの勢いで倒幕に賛成する順徳天皇ですが、ただ天皇であるためその活動はどうしても制限されてしまいます。

そこで順徳天皇は何の未練もなく退位、「倒幕のための活動を行いたい!」……その理由だけで仲恭天皇を即位させ、倒幕反対の意見を訴えていた近衞家実を摂政から降ろしてしまいました。このため朝廷では倒幕に対する賛成派が一気に増加、各地の寺社では幕府転覆の加持祈祷も行われ、朝廷による倒幕決断が噂として日本中に広まります。

倒幕の決断をした後鳥羽上皇、そしていよいよ来る決行の時。1221年5月のこと、尾張守護・小野盛綱、近江守護・佐々木広綱、伊賀・伊勢を含む六国の守護・大内惟信、次々と有力な守護と御家人らがこれに加勢、後鳥羽上皇が北条義時討伐の院宣を今ここに出し、承久の乱が勃発しました

\次のページで「北条政子の最期の詞」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: