英語の勉強法

【英語】省略構文を現役塾講師がわかりやすく解説!「主語 + 動詞」の省略に注目

よぉ、桜木建二だ。日本人が日本語を話す際、わかりきった内容やしつこい繰り返しは無意識に省略している。こうやって省略するのは、英語でも同じことだ。ここでは、繰り返しを避ける場合と節の中で「主語 + 動詞」を省略する場合とに分けて理解をすすめていくといい。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

反復を避けるための省略

image by iStockphoto

省略構文のうち、前述されていることで反復を避けて省略される場合について見ていきます。ここでは、助動詞やbe動詞の後ろを省略したり、不定詞を省略したりする表現を例文を交えて確認していきましょう。

助動詞やbe動詞のあとの省略

一つめは、助動詞の後ろやbe動詞の後ろを省略する構文についての説明です。前述があるために繰り返しを避ける表現ですが、助動詞の直後の動詞やbe動詞の直後の補語を省略することがあります。そうすることで、簡潔な文になりますよ。

She said she would come, but she didn’t ☆.(☆にcomeが省略)
彼女は来るつもりだと言ったが、来なかった。

Nobushige is smart as his father used to be ☆.(☆にsmartが省略)
ノブシゲは彼の父がそうであったように賢い。

不定詞の省略

二つめは、不定詞の省略についての説明です。こちらも前述されていて繰り返しを避ける表現ですが、不定詞の to は残して動詞の原形の部分を省略します。このような省略のことを「代不定詞」という言い方をすることがありますよ。

Will you clean this room? ー I’ll be glad to ☆.(☆に clean this roomが省略)
この部屋を掃除してくれませんか。 ー 喜んでやりましょう。

You can read these books whenever you want to ☆.(☆に read these books)
あなたはこれらの本を読みたいときにいつでも読むことができます。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yamato810