日本史歴史鎌倉時代

幕府に捧げた波乱万丈の一生「北条政子」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は北条政子について勉強していくぞ。鎌倉幕府を開いた源頼朝、その妻となる女性が北条政子だ。源頼朝に仕えながらも芯は強く、夫亡き後は幕府を実権も握った彼女。

そんな女性の一生をここで振り返ってみることにしよう。69歳まで生きた北条政子はどのような一生を送ったのか。そこで今回、北条政子について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から北条政子をわかりやすくまとめた。

源頼朝との結婚

image by PIXTA / 14972859

運命の出会い

1157年に誕生した北条政子、父は将来鎌倉幕府の初代執権に就任することになる北条時政です。源頼朝の父・源義朝は平治の乱にて敗北、そのため息子・源頼朝は伊豆へと流されてしまいます。父が敗北したこと、伊豆に流されたこと、いずれも源頼朝にとってそれは屈辱だったかもしれません。

しかし、そんな辛い境遇は運命の出会いへとつながっていきます。伊豆に流された源頼朝の監視役となったのが北条時政、それがきっかけで源頼朝と北条政子は出会い、そして恋仲へとなっていきました。しかし当時は平氏の全盛期、源頼朝に一切の価値がないと思った北条時政は二人の恋仲に賛成できません。

周囲が反対する中、それでも源頼朝を愛する北条政子は反対を押し切って結婚、源頼朝の妻となりました。やがて二人の間には子供が生まれ、長女・大姫を授かります。そして源頼朝はこの頃から力をつけ始め、東国を中心に多くの武士を味方につけて勢力を強めていました。

御台所と鎌倉殿

万全の体制を整えたということなのか、源頼朝は北条政子を連れて平氏打倒に向けて鎌倉へと挙兵します。そして1180年の富士川の戦いにおいて勝利した源頼朝は鎌倉殿と呼ばれるようになり、妻の北条政子も御台所と呼ばれるようになりました。その後、1182年には二人目の子となる源頼家が誕生しています。

翌1183年のこと、源頼朝は対立中だった従兄弟(いとこ)の源義仲と和解、源義仲の嫡子・源義高と源頼朝の長女・大姫が婚姻関係を結ぶまでに至りました。ちなみに嫡子とは正室が生んだ男子の中で最も年長の子を示す言葉、それは一見長男とイコールに思えますが、側室の存在を考えると「嫡子=長男」とは限らないのです

お互い和解と子供の結婚によって関係修復したかのように思えた源頼朝と源義仲、しかし1184年になると源頼朝は源義仲の討伐を決意、弟である源範頼と源義経の手によって源義仲を討ち取ります。さらに源頼朝が源義高を殺害、源頼朝の長女であり同時に源義高の妻である大姫は、悲しみに打ちひしがれたそうです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

二人の出会いはまさに運命、平氏全盛期の源頼朝は敗北者の立場、しかしだからこそ北条政子と源頼朝は出会った。結婚して子供が誕生すると源頼朝は勢力を強めていき、やがて鎌倉殿と呼ばれるほどになり、北条政子も御台所と呼ばれた。

源頼朝の死

image by PIXTA / 48013339

\次のページで「鎌倉幕府の設立」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: