英語の熟語

【英語】1分でわかる!「It can’t be helped.」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「It can’t be helped.」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「仕方のないこと。」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「It can’t be helped.」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに、日々英語の解説に励む。

熟語「It can’t be helped.」の意味は?

image by iStockphoto

今回は「It can’t be helped.」という熟語を考えます。

help」は「ヘルプ」つまり「助ける」とか「援助する」という意味です。
この熟語は「be helped」と受け身になっています。この意味は「助けられる」または「解決される」。

しかし、「can’t」があるので、「助けられない」つまり「仕方のないこと」と訳せます。

「仕方のないこと。」と言ってみよう

私たちは時に、どうにも解決できない出来事に出くわすことがあります。

そんな時、「It can’t be helped.」を使って「仕方ない。」と表現してみましょう。

この言葉のニュアンスは「助けようがない」とか「どうにもならない」「助ける方法がない」という感じです。

例文で考えましょう。

Look at this traffic jam! I’m in a hurry. – It can’t be helped.
みてこの渋滞!急いでるのに。ー 仕方ないよ〜。

She couldn’t fly because of typhoon.  – It can’t be helped. We can’t control the nature.
彼女は台風のせいで飛べなかった。ー 仕方ないよ。自然をコントロールなんて無理さ。

熟語「It can’t be helped.」の言い換えや、似た表現は?

「仕方のないこと」または「仕方ない」という言い方は他にもあります。

今回は3つの表現を考えましょう。

「have to accept」、「cannot be avoided」そして「have no choice」です。

それぞれを具体的に考えましょう。

\次のページで「言い換え例:have to acceptを使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: