英語の熟語

【英語】1分でわかる!「do nothing but ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「do nothing but 〇〇」には、2つのニュアンスがあるぞ。

誰かの特定の行動について大げさに表現することにも使われる。

誰かにこんなことを言われないように気をつけたいな。

次は言い換え文を考えてみよう。

熟語「do nothing but ○○」の言い換えや、似た表現は?

今度は言い換え文を考えましょう。

今回は2つの表現「only」と「all」を考えます。

二つとも簡単な単語ですが、どうやって表すのでしょうか?どんなニュアンスがありますか?

具体的に考えましょう。

言い換え例:onlyを使った言い換え

「only」を使うと、言い換えることができます。「only」の意味は「唯一の」とか「ただ…だけ」です。

それで、主語の後に「only」を入れて表現すると、「ただ〜する」というニュアンスになります。

具体的に例文で考えましょう。

I only went to shopping.
ただ買い物に行ってきただけ。

I only do my work today.
今日は自分の仕事だけする。

She only want to see her family.
彼女はただ家族に会いたいだけなの。

言い換え例:allを使った言い換え

「all」を使うと、言い換えることができます。「all」は「全て」とか「あらゆる」と言う意味です。

「all」を文の中に入れて表現しましょう。「〜しかしない(〜が全て)」というニュアンスを表現できます。

具体的に例文で考えましょう。

All I can do is to support you.
僕にできるのは君のサポートさ。

She speaks all the time.
彼女はいつも喋っている。

That is all she did. 
これが彼女がしたこと。

次のページを読む
1 2 3
Share:
Lillygirl