世界史

イスラムのサラディンと死闘を繰り広げた獅子心王「リチャード1世」の生涯を歴女が解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は12世紀のイングランド王だったリチャード1世についてだ。リチャード1世と言えば、第3回十字軍でイスラムのアイユーブ朝のサラディンと死闘を繰り広げた人物として有名だ。そして家族には歴史上有名な人物がいるんだ。

リチャード1世の生涯を通して、彼の激動の時代を読み取っていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

totocco0630

ライター/まぁこ

ヨーロッパ史が好きなアラサー歴女。ハプスブルク家やブルボン家、イギリス王室の関連書を愛読中!今回は、第3回十字軍でエルサレムを巡ってサラディンと戦ったリチャード1世がどんな人物だったのか、彼の生涯に触れながら解説していく。

1 リチャード1世

image by iStockphoto

さて、リチャード1世と言えば第3回十字軍でイスラム側の武将サラディンと激戦を繰り広げた人物として有名ですよね。しかしそれだけではありません!リチャード1世はイングランドのプランタジネット朝の2代目国王でした。まずはリチャード1世の生い立ちに触れながら解説していきますね。

1-1 獅子心王、イングランドで誕生

リチャードは1157年にヘンリ2世とアリエノール・ダキテーヌの3男として生まれました。イングランド生まれでしたが、幼少期はフランスのアンジューやアキテーヌで過ごしたため英語は話せなかったそう。(その代わりフランス語は堪能)父ヘンリ2世の死後、1189年にプランタジネット朝2代目国王として即位。ところが彼は在位期間のほとんどを国内で過ごすことなく、戦争に明け暮れていたそう。王となってからはイングランドへはわずか5か月しか滞在していなかったのは驚きですよね。ちなみに「獅子心王」という異名を持つ人物としても有名。

1-2 父はプランタジネット朝の始祖

さて、ここでリチャードの家族について簡単に触れておきます。リチャードの父ヘンリ2世は、イングランドのプランタジネット朝を開いた人物。しかしもともと彼はフランスのアンジュー伯。なぜフランスの貴族の彼がイングランドで王朝を開いたのでしょうか。

それはヘンリの母マティルダがノルマン朝の血を引く人物だったため。こうしてフランスのアンジュー伯だったアンリは、1154年にヘンリ2世として即位することに。

1-3 母は元フランス王の妃

リチャードの父、ヘンリ2世はもともとフランスのアンジュー伯でしたが、彼の母はどんな人物だったのでしょうか。

リチャードの母は、アリエノール・ダキテーヌ。アリエノールはヘンリと結婚する前にはなんとフランス王ルイ7世の妃でした。しかしルイ7世と離婚した後にヘンリと結婚。また彼女はフランスのダキテーヌ侯家の相続人だったため、結婚によってフランスのアキテーヌがイングランド領となることに。ちなみに12世紀のルネサンスの華と呼ばれていたそう。

1-4 弟は失地王ジョン

King John.jpg
パブリック・ドメイン, リンク

歴史的に有名な人物はリチャードの両親だけではなく、彼の弟にも名を馳せた人物がいました。そう、ジョン王です。ジョン王と言えば、「失地王」という異名が有名ですよね。しかしなぜこのような異名がついたのでしょうか。一説には、ジョンだけが父ヘンリから領土を与えられなかったからと言われています。ヘンリはジョン以外の息子たちに領土を与え、この時リチャードはアキテーヌを相続することに。また他の説には、リチャードが亡くなった後に即位したジョンがフランス王にフィリップ2世に敗戦しフランス領土のほとんどを失ったためとも言われています。

余談ですが、リチャード1世が亡くなった後に即位したジョンは教皇からは破門され、フィリップ2世との戦争では負け、更に国内ではマグナ・カルタを認めさせられることに。

1-5 父と兄弟間で領土争いが起こる

領土を巡り、父と兄弟たちと争いが絶えなかったリチャード1世。そこへフランス王フィリップ2世が付け込むようになりました。しかしなぜフィリップはリチャードらの内紛に付け込んだのでしょうか。それはプランタジネット朝の領土がフランス国内にもあったため。これはフィリップにとって大きな脅威。そのためフィリップはリチャードと手を組み、ヘンリ2世を追放しようと画策。そして同時にフィリップはリチャードの弟ジョンとも手を結びリチャードの失脚を狙っていました。とても策士な人物ですよね。

ちなみにリチャードとフィリップは驚くべき因縁が。なんとリチャードの母、アリエノールはフィリップの父ルイ7世の元妃だったのです。そしてリチャードはフィリップの異母姉と婚約までするように。しかしリチャードが後にこの婚約を破棄してナバラ王女と婚約すると2人の関係が悪化。これが後にリチャード1世がレオポルト5世に捕らわれる原因になることに

2 第三回十字軍でアイユーブ朝のサラディンと死闘!

さて、リチャードと言えば十字軍で活躍した人物として有名ですよね。しかしそもそも十字軍とはどのようなものだったのでしょうか。そこでここでは十字軍の始まった経緯や第3回十字軍の様子を解説していきたいと思います。

2-1 十字軍とは?

そもそも十字軍とは一体何なんでしょうか。十字軍とは、キリスト教徒たちがイスラム教徒から聖地であるエルサレムを奪回することを目指して戦ったもの

はじまりは1095年にセルジューク朝が聖地エルサレムを領土に含んでいたビザンツ帝国へ侵入したことから。セルジューク朝の侵入に対し、ビザンツ皇帝はローマ教皇のウルバヌス2世に助けを求め、これにウルバヌス2世が応じることに。ウルバヌス2世はクレルモン公会議聖地エルサレムの奪回を呼びかけました。これに応じた熱狂的なキリスト教徒の民衆や多くの騎士や諸侯らがエルサレムへ遠征することに

こうして第1回十字軍では、見事に聖地を奪回することに成功。そして十字軍によって4つの国が誕生しました。エデッサ伯国、アンティオキア公国、トリポリ伯国、エルサレム王国が建てられることに。

2-2 第3回十字軍

十字軍は大きい規模のものだと7回(8回という説もあります)、小規模のものだと数えきれないほど聖地奪回への遠征が行われてきました。中でも最も華のある十字軍が第3回に起こったものでした。

第3回十字軍の遠征のきっかけは、イスラムの武将サラディンから奪われた聖地の奪回。これによって時の教皇グレゴリウス8世が十字軍を呼び掛けることに。こうしてイングランドのリチャード1世、フランスのフィリップ2世、神聖ローマ皇帝のフリードリヒ1世が参加することに。それぞれの十字軍は出発し、聖地を目指しますがその道中に不幸な出来事が。なんとフリードリヒが不慮の事故死を遂げたのです。しかしなんとか神聖ローマ帝国の一団も含め、1191年の6月に全軍が揃いました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ちなみにこの時リチャードと共に参戦した国王たちにも異名があって、フランスのフィリップ2世には「尊厳王」、神聖ローマ皇帝のフリードリヒには「赤髭帝」と呼ばれていたんだ。それにしても十字軍で遠征している最中に事故死してしまうとは、フリードリヒはついてなかったんだな。

2-3 アッコン陥落!

image by iStockphoto

6月に到着した十字軍らはわずか1月でアッコンを陥落させることに。しかしここで問題が。人質として捕えたムスリムたちの身代金をサラディン側からなかなか支払わなかったのです。リチャードは激怒してなんと人質たちを虐殺。その数は3000人とも言われています。一方サラディンは捕らえたキリスト教軍の捕虜に対して無意味な殺生は行わず、キリスト教側から称賛されることに。対照的な英雄ですね。

ちなみにリチャードの虐殺の後、アラブの人々は子どもが駄々をこねて言うことを聞かない時に、「いうことを聞かないとリチャードが来るぞ。」と言っていたそう。それほどまでリチャードの恐ろしさがアラブの人々の間で浸透したということでしょうか。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

イスラム側の武将、サラディンは不要な殺生を避けてキリスト教徒側から称賛されたが、一方でリチャードは激情家で身代金がなかなか入らなかったことに激怒して老若男女問わずムスリムを虐殺したんだ。リチャードはとても冷酷な面を持っていたんだな。

2-4 サラディンと獅子心王の死闘

1191年7月にアッコンを陥落させることに成功したリチャードら十字軍。ところがその後神聖ローマ帝国軍とフランス軍は共に帰国してしまうことに。戦場に残ったのは、獅子心王率いるイングランドの十字軍のみ。こうしてリチャード1世は、クルド人武将サラディンと死闘を展開します。リチャードにとっては分が悪い戦いとなりました。それでも粘り、1192年9月に休戦協定を結ぶまで健闘しました。

2-5 奇抜な提案をしたリチャード

さて、リチャード1世に関するエピソードにこんなものがあります。サラディンと休戦協定を結んでいた時にリチャードはサラディンに対し、リチャードの妹ジョアナとサラディンの弟の結婚話をもちかけたのです。ここでこの2人が結婚し、共同で聖地エルサレムを管理するようにと目論んだリチャード。この案に対しサラディン側は賛成。ところが肝心のジョアナが異教徒と結婚するのは嫌だと反対。これによってこの提案は実現することはありませんでしたが、戦いだけではない違う一面を感じますね。

2-6 十字軍の結果

こうして休戦協定後に、キリスト教側は海岸地帯を治めることに。そしてイスラム側はエルサレムを含む内陸部を治めることになりました。ちなみにキリスト教徒側の巡礼に関しては保障されることに。

さて十字軍を全体的に見てみれば、7回(8回とも言われている)の十字軍の遠征は、第1回を除いて全て失敗に終わっています。しかしこの十字軍の遠征によって、1戦いを指揮した国王の権威が上がる、2十字軍を呼び掛けた教皇の権威が低下する、3イタリアの諸都市が繁栄し、その後のルネサンスに繋がるなどの変化がみられることに。

3 帰国しようとするも…

Richard coeur de lion.jpg
By Merry-Joseph Blondel[1] The original uploader was Kelson at French Wikipedia., Public Domain, Link

リチャード1世はイスラム教徒側との戦闘が終わると帰国の途につきました。ところがその道中にオーストリアで囚われ、その後神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世に引き渡されることに。一体彼の身に何が起こったのでしょうか。それでは見ていきましょう。

3-1 十字軍から帰国しようとしたら、オーストリアで捕まる

サラディンとの死闘に終止符を打ったリチャードはイングランドに戻ることに。アッコンを出発したリチャード一行は、海路でイングランドを目指しました。道中に海賊に遭うことを警戒し、テンプル騎士団に扮したリチャード。海賊に遭ったそうですが、なんとか切り抜けます。しかしその後アドリナ海で船が遭難。リチャードは数人の家来と共にヴェネツィア付近に漂着。当時のヴェネツィアはオーストリアの領土であったため、オーストリア公レオポルトに捕らわれることに。そしてなんと神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世に引き渡されたのです。

3-2 なぜ捕まったのか?

しかしなぜリチャード1世はオーストリア公レオポルトに捕らわれることになったのでしょうか。それはフランスのフィリップ2世がオーストリアのレオポルトをけしかけたため。

レオポルトは十字軍で遠征していた際にリチャードに対して恨みを持っていました。十字軍でレオポルト5世が自分の功績を示すため軍旗を立てると、それをリチャードに引きずりおろされてしまうことに。これに対してずっと恨みを持っていたレオポルト。リチャードは身を隠しながらいたそうですが、従者の1人がうっかりイングランドの紋章が入った手袋をはめていたのを見つけられ、捕まりました。

この出来事の背景にはフランスのフィリップ2世とジョンの陰謀が。リチャードがイングランド国外にいる間に、先にフランスへ帰国したフィリップはハインリヒ6世、リチャードの弟ジョンと手を結び、リチャードを王位から追放しようと目論んだのです。

3-3 法外な身代金を要求されることに

こうして神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世がイングランドに対して法外な身代金を要求することに。その額がなんと15万マルクこれはイングランドの歳入の5年分にあたる額でした。かなり法外な金額だったことが分かりますね。リチャードの母、アリエノールは教皇に仲を取り持ってもらい、10万マルクを支払うことに。この莫大な身代金によってイングランドの国民には年収の4分の1が、貴族や教会には金銀などの放出が求められたそう。

3-4 リチャードを捕えた報い?レオポルトのその後

しかしこれにはレオポルトに批判の声が上がることに。個人的な恨みからリチャード1世を捕えたレオポルト5世。この件により、最終的に彼は教皇から破門されてしまいました。

破門された後、レオポルトは騎乗していた際に落馬。これが元で亡くなってしまうことに。しかし教皇から破門されてしまったために葬儀はキリスト教式ではしてもらえなかったそう。自業自得とは言え、少しかわいそうですね。

3-5 フィリップ2世との戦争で戦死

こうしてなんとかイングランドに帰国したリチャード1世。しかしすぐにフランスのフィリップとの戦争が始まることに。彼はフランスのアキテーヌでシャリュ城を攻撃。しかし肩を射抜かれ、その傷がもとで亡くなりました。41歳でした。リチャードの後継者ですが、リチャードに子どもがいなかったため末弟のジョンが即位することになりました。

わずか5か月間しかイングランドにいなかった獅子心王リチャード

リチャード1世はイングランドの王だったにも関わらず、ほとんど国内にいなかった王でした。そして幼少期はフランスで暮らしたため、英語はほとんど話せなかったそう。そんな彼は父ヘンリ2世や他の兄弟たちと領土を巡って争ってばかりの人物。また怯むことなく、フランスとの戦争、十字軍で異教徒らと刃を交えたリチャードはとても勇ましいですね

また彼を取り巻く人物たちがとても豪華な顔ぶれ。父ヘンリ2世はプランタジネット朝を開き、弟ジョン王は貴族からマグナ・カルタを認めさせられることに。母アリエノールはフランス王の元妃だったことから、リチャードの因縁のライバル、フィリップ2世が登場。そしてリチャード自身も、当時のヨーロッパ社会で起こった十字軍の遠征で武将サラディンと命がけの戦いを行った勇ましい人物。そんなリチャード1世は、フランスのフォントヴロー修道院で静かに眠っています。

Share:
totocco0630