英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be liable to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「be liable to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜しがちである」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「be liable to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。英語を言語学としても勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「be liable to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「be liable to ○○」には「〜しがちである」「〜しそうである」という傾向を表す意味と、「〜に対して責任がある」「〜する義務がある」という法律などにおける義務を表す意味があります。法律関係でも使われる表現のためやや固い表現です。

うしろには動詞の原形または名詞が入ります。

意味その1 「〜しがちである」

「be liable to ○○」はうしろに動詞の原形を伴うことが多く「〜しがちである」「〜しそうである」という意味でよく使われる表現です。ネガティブな傾向について述べる際に使われます。

それでは例文を見ていきましょう。

She is liable to get sick.
彼女は体調を崩しがちだ。

It’s liable to rain.
雨が降りそうだ。

Glass is liable to fracture.
ガラスは割れやすい。

意味その2 「~に対して責任がある」

また「be liable to ○○」にはうしろに名詞を伴って「~に対して責任がある」、うしろに動詞を伴って「~する義務がある」という意味があります。法律関係の話題で用いられる表現です。

それでは例文を見ていきましょう。

Men were liable to military service.
男性は兵役の義務があった。

We are liable to pay taxes.
私たちには納税する義務がある。

She is liable to a fine.
彼女は罰金を払わなくてはならない。

\次のページで「熟語「be liable to ○○」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: