幕末日本史歴史江戸時代

倒幕へとつながった幕末の思想「尊王論」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

今日は尊王論について勉強していきます。

尊王論は直訳すれば中国の儒教の理念であり、仁徳による統治を示す「王道」、武力や策略による統治を示す「覇道」を対比して、王道を尊重することを説いている。

しかし日本に持ち込まれて広まった尊王論は少々意味が異なり、天皇と幕府に関連した置き換えた内容になっている。そこで今回、尊王論について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から尊王論をわかりやすくまとめた。

「尊王論」の歴史

image by PIXTA / 50778870

日本における「尊王論」の解釈

250年以上も続いた江戸時代に代表される学問は儒教で、これは幕府が朱子学を支配原理として採用しており、幕府が認める形として儒教思想を定着させていました。最も、幕府のその姿勢はある意味矛盾していると考えられ、なぜなら自らの正義を否定する思想を推奨しているからです。

徳川家は武士の武力による争いの中で政権を手にしていますから、儒教の理念に置き換えれば「王道」に反した「覇道」になってしまいます。それは幕府が否定されることを意味しており、そんな儒教の理念を幕府が推奨したのは明らかに矛盾していると考えられるでしょう。

ただ、日本では江戸時代の遥か以前となる鎌倉時代や南北朝時代にも尊王論が受け入れられています。「王道=王者=天皇」、「覇道=覇者=幕府」と置き換えられており、幕府を否定する思想として鎌倉幕府滅亡を目指す倒幕派の原動力になっていました。

「天皇を尊敬」から「幕府の批判」への変化

尊王論を簡単に表現するなら「王を尊敬する思想」であり、日本において王とは天皇を意味します。ですから「尊王論=天皇を尊敬する思想」と捉えることができますが、江戸時代になるといつしかその思想は幕府の批判を意味するようになっていきました。

最も、人々がそんな思想を持つことは幕府からすれば危険極まりなく、それならなぜ幕府は尊王論を取り締まらなかったのでしょうか。それは幕府も朝廷の天皇を尊敬すべき態度をとっていたからで、いくら幕府が日本を統治していても立場や位を比較すれば「天皇>将軍」であり、「朝廷>幕府」になるのです。

このため尊王論を安易に否定することはできず、本心はどうであれ、幕府も形の上では朝廷や天皇を尊敬していました。さて、1858年にハリスが日米修好通商条約の締結を迫った際には条約調印の許可を天皇に求めており、しかし当時の天皇である孝明天皇はこれを許可しませんでした。

もう一つの思想「攘夷論」

image by PIXTA / 53212476

外国人を武力で追い払う考えの広まり

尊王論の思想が広まる一方で、同じように広まりつつあり思想がありました。その思想とは攘夷論で、これも元は中国で生まれた考え方であり、夷人を国から追い払うべきというものです。夷人とは外国人を意味する言葉で、つまり攘夷論とは「国から外国人を追い払うべき」という思想になります。

この思想も幕末で広まったものですが、当時日本は鎖国と呼ばれる幕府の対外政策によって外国との交流を遮断しており、その影響で日本の人々は外国の人というだけの理由で外国人を嫌っていました。もちろん現在ならそれは明らかな差別ですが、当時は外国に侵略される恐れもあったのかもしれません。

そのため、日本での攘夷論は「外国人は武力で国から追い払うべき」という過激な思想になっており、孝明天皇もまた攘夷論の支持者だったのです。ですから、幕府が日米修好通商条約への調印を求めてきた際にそれを拒否したのは、攘夷論者の孝明天皇として至極当然の対応だったでしょう。

\次のページで「攘夷論者による幕府への反発」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: